泣き面にハチ

        (散歩道から)
        


肋骨骨折で、胸のやや下に湿布薬を貼って
5日目くらいから、その部分が赤くなり始めました。

かぶれかな、と軽い気持ちで、整形外科へ行って、
軟膏をもらってきたのです。

ところが、ますますその赤みが広がり、痛みとかゆみで、
どうしようもありません。( ;∀;)

お風呂に入ると、飛び上がるようにしみて、骨折の痛み
どころではなくなってきました。

仕方ないので、また整形に行って、その話をしますと、
皮膚科へ行って下さい、とのこと。

そして今日、皮膚科へ行ってきました。

抗生物質の貼り薬と、副腎皮質ホルモンの塗り薬が出ました。

お風呂もシャワーのみ。(あったか~い湯船に入りたいのに……。)(*_*;

        yjimageQJFF01VN_20180411160748b71.jpg


            ところで、

高齢者になると、湿布薬を処方されることが多いと思います。

高齢者=湿布薬は必需品という感じでしょうか。
けっこう気軽に湿布薬は使われていますよね。

医師も湿布薬の副作用についての説明は、殆どないまま気軽にどんどん出します。

もっともその人の体質も大いに関係あるので、なんとも言えないのですが、
私のように皮膚がビンカン?な人は、むやみな使い方は
よくないと、今度のことでよ~く分かりました。

後で、その湿布薬の副作用をよく読んでみると、
副作用がぜ~んぶ当てはまっていました。( ;∀;)


ああ~~、泣き面にハチとはこのことだわ。(>_<)
また、しばらく辛抱です。(/_;)


 [ 2018/04/11 16:19 ]  気まぐれ日記 | TB(-) | コメント(6)

肋骨骨折一週間目

        


この前も書きましたが、一周忌で実家へ行って、式服に着替えようとして、
バランスを崩し転倒、ストーブの角に胸を打ち、肋骨を骨折してしまいました。(;_:)

その時は、骨折とは知らずに、痛みを我慢して、スーツケースをゴロゴロ引っ張って、
新幹線で帰ってきたのですから、知らないでよかったと思います。


ちょうど、一週間経ち、また整形外科へ。
また、レントゲンを3枚撮りました。
まだ、骨はくっついていませんでした。(一週間じゃムリ)

この一週間、不便なことが連続……
靴の紐が結べない、寝返りをうつときの強い痛み、深呼吸、背伸びができない、
くしゃみや咳が肋骨に響いて痛む、早く歩くと骨に響く、身体をねじることができない、
その上、鎮痛抗炎症薬(湿布薬)にかぶれて、痛みとかゆみで、湿布ができない……等々

今さらながら、肋骨ってこんなに沢山使われていたんだ、と思います。
痛みはほとんど毎日続いていました。(激痛ではありません)

ついでに、骨粗しょう症の検査もやってもらいました。
腕のレントゲンでした。

結果は、同年代の人の120%、若い人の88%というのですから、
そんなに悪いということではないようです。

あとはカルシウムを摂ることなので「塩分0の食べる小魚」を
食べています。(*^-^*)

でも、今から食べても間に合うのかなァ~~心配(*^^*)


桜も散ってしまうというのに、いつもの散歩に出られず、
この桜の写真は、バスで行って、撮って来ました。(^-^;

健康ってスバラシイ~~~(^O^)/




 [ 2018/04/03 16:58 ]  気まぐれ日記 | TB(-) | コメント(10)

母のこと


        



故郷に帰った時、施設にいる母(95歳、認知症)に会って来ました。

先月、インフルエンザで一週間入院しましたので、ちょっと痩せた感じがしました。

でも、肺炎にもならず、元気に退院しましたので一安心です。

前にもブログに書きましたが、母は若い頃から丈夫な人で、
検査というものをやったことがありまん。
腰痛もありません。
膝がちょっと痛いというくらいでした。


それに比べて、私は小さい頃から身体が弱く、医者にばかり行くので、
お前は金がかかる、と、いつも叱られていました。
(私の哀しい思い出のひとつです)


施設では、私の顔を見ると「いつ来たの?どこから来たの?」と、
不思議そうな顔をします。
娘とは分らないようで、知っている人が来た……そんな感じです。


今、話したことをすぐ忘れるのは、前からだったのですが、一応、
瞬間、瞬間の会話は成り立っていました。
でも、今回は瞬間の会話も成り立ちません。

何を話しかけても、聞いても、自分の言いたいことだけ繰り返し言っています。

例えば「ご飯、美味しい?」と、聞いても
「いまの年寄りはしあわせだ」とか「ひまでひまでこまる」とか。

声が大きくて、広間に響き渡るような声を出します。
周りの人に迷惑じゃないかと、申し訳なくなります。

耳が悪いのかしら?
(95にもなれば少しは耳も悪くなるでしょう)

いろいろな病気のことを考えますが、声が大きいのは、
元気の証拠、と思うことにしました。

食欲もあるようですし。


どう考えても不思議なのは、アルツハイマーのことです。

今、話したことがもう頭にないんですよね。
暑さ、寒さもあまり感じなくなっているみたい。
もちろん入院したことも記憶にはありません。


私もいずれ、母のようになるかもしれない、そう思うと怖いです。

近くにいれば、もっと通って顔を見られるのに……いつもそう思います。

もともと母は、私の結婚には反対していましたので、
ず~っと、ある種の確執のようなものがありました。


でも、そんなことは、今は霧の向こう側に消え去ってしまったでしょう。

今は昔の物語になりました。

今だけを生きている母になりました。

        yjimageQJFF01VN.jpg

 
 [ 2018/03/30 17:07 ]  気まぐれ日記 | TB(-) | コメント(10)

一周忌に肋骨骨折

        (散歩道から)
        


実家のお嫁さんの一周忌で、故郷に行ってきました。
今回は、往復新幹線でした。
        新幹線
早いもので、もう、一年経ってしまいました。
弟一人の家は、さぞ汚くしているかと思っていたのですが、
これがすごくきれいなんですねぇ。(びっくり)

親戚の人数より、弟の友人の人数のほうが多いので、
お斎(会食)のとき、私はせっせとお酌に回ります。

親戚は気心知れた人たちばかりなので、気を使いませんが、
友人たちは葬儀のとき会っただけです。

私はちょっと体調も悪く、左胸が痛くて、でも、ガマン、ガマンで、
笑顔で、お酒を持って回ります。
全員のん兵衛です。
        yjimageKBOG83E5.jpg
ああ、これが世の付き合いなのか、と心の中ではブツブツ……。


実は、左胸の痛さの原因は、朝、式服に着替える時、ジーパンを脱ごうとして、
片足をちょっとあげたんですね。

そしたら、その瞬間、バランスを崩して、転んでしまったんです。
そして、側にあったストーブの角に左胸の下をぶつけたらしいのです。(+_+)

痛かったァ~~。
打ちどころが悪かったと思いながら、式服に着替え、その後参列しました。


次の日、午前中、いつも通り、スーツケースをゴロゴロ引っ張って、駅に向かい、
東京、新宿と乗り継ぎ、帰って来ました。

どうしても左胸の痛みが引かないので、午後、整形外科に行きましたら、
肋骨の骨折でした。(◎_◎;)

ああ~、痛いはず、重いスーツケースを引っ張ったり、持ち上げて、
階段を登ったり降りたり、無茶しました。


年をしたのかなァ……。


いつもは、家の中も転ぶと危ないと思って、
身支度をするとき、自分の部屋で、壁側に寄ってします。

それが、いつもと違う部屋で、何も考えずにやってしまった。( ;∀;)
気を付けないといけないですねぇ。

固定ベルトをして、痛み止めの薬と湿布薬をもらい、
3週間ほどの安静です。(;_:)


まあ、立派な一周忌でしたが……複雑な思いです。(^-^;


皆さまも、着替えや身支度のときは、足元、気を付けて下さいね。
        yjimageI2G2DUZ4.jpg



 [ 2018/03/27 16:39 ]  気まぐれ日記 | TB(-) | コメント(8)

孫の手術

        (散歩道から)        
        


高校生の男の孫が、肩の手術をしました。(内視鏡手術)
部活で野球をやっていて、肩を痛めたらしいのです。( ;∀;)

スポーツをやっている子は、よく肩を痛めるとかで、
骨折ではないのですが、肩の腱がどうのこうのと。
(私にはよく分かりません)

スポーツ整形で、全身麻酔の日帰り手術です。


翌日、お見舞いがてら、何か食べたいものある?
と、電話で聞いたら「寿司とカツ」と、それだけ。

ほんとに男の子は余計なことは言いません。
無口なんだから……。

で、その「寿司とカツ」を何パックか買って、持って行きました。(*^^*)

腕と肩がしっかり固定されているので、しばらくの辛抱です。(かわいそうに)
        bZpz.jpg

娘に聞くと、部活はなかなか厳しいらしいです。

朝は、6時頃家を出るので、朝食を食べる時間がなく、持って行くお弁当は、
朝食分と昼食分、それから夕方の分、と3食分持たせるとか。

帰りは夜10時頃のようです。
それから夕食です。

これで、勉強もしろというのですから、ムリです。

部活のお休みは月曜日だけ、土曜日曜も行きます。

友達で、遠くから来ている子は、始発電車に乗るので、身体が続かなくて、
部活を辞めてしまった子もいるようです。

部活を熱心にやることはもちろん良いことですが、学校側はもう少し、
生徒の健康面を考えてくれないのかと、婆は考えてしまいます。(-_-;)

野球をやる子は、みんな目的が甲子園でしょ。
        yjimage6SNRFILQ.jpg


寮生活をしている子のほうが、断然有利です。
何のスポーツもそうですが、お金と時間がものをいいます。

頑張ってね、辛抱すれば、また思いっきり野球できるから……と、
励まして帰って来ました。


夢は持ち続けてほしい、たとえ怪我をしても、失敗しても、
何度も起き上がるダルマさんのように…。


帰り際、振り返ると、孫は左手でお寿司を、パクつきながら
じゃあネ~と、明るい声を出していました。(*^-^*)




 [ 2018/03/13 16:56 ]  気まぐれ日記 | TB(-) | コメント(6)
訪問ありがとうございます
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ハナコおばさん

Author:ハナコおばさん
ご訪問いただきましてありがとうございます。
ハナコおばさんの「ハナコ」は、以前飼っていた柴犬の名前からつけました。
団塊の世代です。

・・・O型、みずがめ座・・・

検索フォーム