スローライフの日々から
悔やむ別れの言葉
        (散歩道から)
        


今年は親戚や友人を含めて、5人の訃報が届きました。
4人は90歳以上(最高齢は97歳)、1人は67歳でした。
中でも私に一番近い人、弟(実家の跡取り)のお嫁さんでした。(67歳)

子宮頸ガンで入院と聞いたのは、2月のこと、それもステージⅣ、
それでも私は、手術をしてガンを取ってしまえばいいものと
思い込んでいました。

弟は自分の妻の病状をどこまで知っていたのか、
あまり詳しく話しませんので、私もよく分かりませんでした。

まもなく、抗がん剤を先にやって、それから放射線治療をやると連絡がありました。

3月上旬、私はお見舞いのため、新幹線で、実家へ向かい、
弟と一緒にお嫁さんの病院へ行きました。

お嫁さんは、元気そうにしていましたが、ガンが腎臓を持ち上げるため、
機能が落ち、体外に尿の袋を下げていました。

でも、車いすで病院の中を行き来して、私たちと一緒に院内のレストランで、
大きなパフェを食べ、話も普通にしていました。

ああ、抗がん剤や放射線で、ガンを小さくして、
それから手術をするんだな……。
私は何も疑わないで、病室を出る時「じゃあ、また来るね、お大事にね……」
手を振りながら、帰って来ました。

この時の自分は、ことの重大さが分かっていなかったのだと、
あとで分かりました。

多分、弟もそこまで、深刻に病魔がすすんでいたとは
思っていなかったのだと思います。
同じ3月の下旬、お嫁さんは亡くなりました。

「また来るね」なんて、軽く言ってしまった自分が未だに悔やまれます。
だからといって、何と言えばよかったのか、それも分かりません。

人の命って、あっけないもの、だから、特に年を取っていくこれからは、
出会う人を大切に、この言葉が最期になるかもしれない、そんな気持ちを
心の隅に置いて、暮らしていけたらいいなと思います。

        yjimageAJ6BRCDY.jpg



[ 気まぐれ日記 ]
| 2017/12/11 17:06| | COMMENT(4) |
早い、ときの流れ
        (頂きもののシクラメン) 
        


12月に入ってもう3日も過ぎてしまいました。
何となく気ぜわしいです。(特に何もないのに…)

昔、何かの本で読んだ覚えがあるのですが、
年齢を重ねるほど、1年が過ぎる速さが増すと感じるのは
「ジャネーの法則」というらしいです。(フランスの哲学者)

「時間の心理的長さは年齢に反比例する」というものです。

何でも 「10歳の子供」が、1年を感じる感覚は 
「人生の10分の1」であるのに対し 
「60歳の人」が1年を感じる感覚は 「人生の60分の1」となり
「10歳の子供」よりも「60歳の人」の方が6倍もときの流れが
速く感じるとされているとか。
「10歳が感じる2ヶ月」と 「60歳が感じる1年」はこの法則では
同じということになるようです。

5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。
(これはWikipediaに出ていました)

ん?そうすると、10歳の1ヶ月と60歳の半年は同じ?ということ?
じゃあ、70歳は10歳の子供より7倍早く、ときが流れていくんですねぇ。

今、人生100年の時代、100歳の人は10倍速く、
ときが流れていくのでしょうか。
う~ん、100歳になってみないと分からない・・・・・・。

        yjimage3HOISN13.jpg
大人になるにつれて新しい感動が少なくなり、胸躍るイベントも減り、
また加齢で代謝も鈍り、ときが速く過ぎるように感じるからと、
説明がありましたが。。

やはり年を取れば取るほど、時間は大切にしなければならないですねぇ。
といって、一日の予定に若い頃のように、あれもこれもぎっしり
詰め込んでも、疲れてしまう。

自分の身体や心と相談しながら、マイペースで楽しみを見つけながら、
一歩、一歩、無理せずに進んでいくしかないようですね。

        yjimageRC5840YQ.jpg
とりあえず、今日の楽しみは、散歩が終わり、このブログを書きました(*^^)v
コーヒーを飲みながらね。(#^^#)




[ 気まぐれ日記 ]
| 2017/12/03 16:23| | COMMENT(6) |
これも老化のひとつ?
          (散歩道から)
          


年賀状の季節が近づいて来ました。

毎年、年賀状の枚数も減っていき、もうプリンターなしの生活にしようかな、
と、思っていたのですが、やはり、あったほうが何かと便利、ということになり、
すごく安いものを通販で購入しました。
(3000円くらいかな…店舗よりずっと安い)


本体が安い代わりに、替えのインク代が高いので、インクを買う代わりに、
プリンター本体ごと買ってしまう人もいるようです。

もうそんなに印刷することもないので、これで十分です。

ネットで購入した翌日に届くのですから、すごいです。
これだもの宅急便屋さんは大変です。

さあ、設定をしなくてはなりません。
「簡単スタートガイド」を見て始めます。

ほんの少し前(若い頃)だったら、別に構えなくても簡単にできたことが、
今は、よ~く説明書を読むようにしています。(^^;

新聞でも本でも、なんでもそうだけど、目で字を追っていても、
内容がすぐに頭に入らないような気がするのです。

説明書は、声に出して、キチンと読む、そうするとうまくいくんですよね。
(面倒だけど)
それと時間のある時にやる、これが焦らないコツかな?

とにかく、プリンターのほうは上手くいきました。(^▽^;)

前はそんなんじゃなかったのになァ……。(#^^#)
そういえば、役所とか銀行から電話があったとき、相手の話し方がすごく早く感じるときがあります。

人にもよりますが、機械のように早く話す人がいて、最後に確認のため
もう一度繰り返すと、いいえ、そうじゃなくて……と、また話し出します。
        yamahaya.jpg

ちょっと自分が恥ずかしくなるんですよねぇ。(^_^;)

やはり、これも老化のひとつでしょうか。(^^;
いやですねぇ、これからこういうことが増えていくんでしょうねぇ。(;'∀')




[ 気まぐれ日記 ]
| 2017/11/18 16:13| | COMMENT(8) |
形見分け…
       (散歩道から)
       


形見分けといっても、時計や宝石ではありません。(^_^;)

実家で一人暮らしの弟から、今年3月に亡くなったお嫁さん(67歳)の衣類他が、段ボール二箱に分けて送られてきました。

お嫁さんは山ガールだったので、それ系の衣類です。
Mサイズが多いので、それはみんな孫娘に、Lサイズは娘か私にちょうどいいのです。

後、送られてきたのは、お嫁さんのおかあさんが、
パッチワークをしていましたので、その手作り作品が段ボールに半分以上もありました。

そのおかあさんは、97歳で先月亡くなりました。
年なりの物忘れはあったそうですが、認知症にはならず、ず~っと、
亡くなったお嫁さんのお姉さんの嫁ぎ先で一緒に暮らしていました。

先に亡くなったのが、このおかあさんだったら、
悲しむことはなかったでしょうに…
娘のお嫁さんが先に亡くなったので、どんなにか辛かったと思います。

あとを追うように亡くなりました。

パッチワークをしていて、指先を使っていたので、
認知症にならなかったのかな、なんて思ったりします。
全部手作りです。
よくこんなにも細かいことができると感心します。

コースター、ポーチ、手提げ袋、花瓶敷、財布、鍋敷き、その他色々ありました。
娘もお友達に使って貰うと言ってました。
 
        IMG_0010_20171109162015672.jpg
        ポーチ 
        IMG_0009_20171109162013852.jpg
        敷物
        IMG_0008_201711091620127e9.jpg
  
        IMG_0007_20171109162011b5e.jpg
        コースター

形見分けは、お礼とか挨拶とかしなくてはいけないと聞いたことありますが、
親しい身内のこと、送るほうも、送られるほうも、気軽にやっています。(*^^*)

私も山ガールの雰囲気、出そうかな(^^;

        yama_20171109171020d3e.jpg




[ 気まぐれ日記 ]
| 2017/11/09 17:11| | COMMENT(4) |
胃の内視鏡
胃カメラの検査を受けました。

もうかれこれ7年くらいやってないのです。
7年前は慢性胃炎でした。

ついでにピロリ菌の検査もお願いします、ということで、昨日は
ドキドキしながら、一大決心して、医院へ向かいました。

鼻からなので、ラクだと聞いていましたが、鼻から入れる麻酔が嫌ですね。
しっかり気を強く持って、自分の画像を見ていました。

2ヶ所、組織をつまんで、取り出しました。
お腹の真ん中あたりで、チクッと痛みがあります。

「はい、終わりです」と、チューブを引き抜く感じが、
嫌なのですがホッとします。

結果、萎縮性胃炎、ピロリ菌あり、でした。(/_;)

萎縮性胃炎も慢性胃炎の一種らしいですが、慢性胃炎の多くは
ピロリ菌の持続感染が原因とか。
ただ、慢性胃炎が進行して萎縮性胃炎になるらしいので、
検査、やってよかったです。


早速、ピロリ菌除菌の薬、7日間分(朝夕食後、一回5錠飲むのです)今日から始めます。

除菌するので、腸の悪玉菌、善玉菌も全部除去されるらしく、
副作用はあるようです。

この薬の服用で、約8割の方は除菌に成功するといわれているようです。
除菌されたかどうか、1ヶ月くらい経って、また検査をするようです。

ピロリ菌は子供の頃に感染するといわれていますが、私は、ずい分
長い間、感染していました。

ピロリ菌感染者は、長く続く胃炎のため、胃の老化をきたすそうです。

30分程度の検査でしたが、昨日はこれで一日が終わった気がしました。(^^;


みなさん、ピロリ菌の検査をしましょうね。(*^^*)



[
気まぐれ日記 ]
| 2017/11/03 16:39| | COMMENT(8) |


訪問ありがとうございます



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



プロフィール

ハナコおばさん

Author:ハナコおばさん
ご訪問いただきましてありがとうございます。
ハナコおばさんの「ハナコ」は、以前飼っていた柴犬の名前からつけました。
団塊の世代です。

・・・O型、みずがめ座・・・



最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム