スローライフの日々から
食の習慣
(散歩道から・やっと春の足音が聴こえてきそうですね・ちょっとぼやけてしまいました)
        
IMG_0004_20180214164131282.jpg



我が家の朝食には、納豆が必ず入っています。
夫がだ~い好きな納豆。(朝、晩食べてもいいくらい好きなんです)
ネギをたっぷり入れて、辛子も入れて食べています。

       nattou.jpg

なので、私が食べないと叱られるんです。
「栄養があるから食べろ!」ってね。(^^;)

どちらかいうと、私は納豆がちょっと苦手…。
何んとかいい工夫はないものかと、何年も前から考えて、
夫には内緒で、黒砂糖を少し入れて食べていました。

すぐかき混ぜてしまうので、分からないんですよね。(^^ゞ
甘納豆みたいで、これが美味しいんです。

ご飯の上にはのせないで、このまま食べています。

ところが先日、テレビの健康番組で、確か山形のほうだと思うのですが、
納豆に白砂糖をたっぷり入れて、食べる習慣があると放送していました。

な~んだ、そうだったの!
私のやり方はそんなに間違ってもいなかったのねェ、よかったァ……。(*^-^*)

次の日、単純な夫は、放送していた通り、納豆に砂糖と、
マーガリンを少し溶かして入れ、食べていました。
(なぜかネギも入れてたけど)

うまいなァ、砂糖もいいかもしれないなァ~~~だって。(#^^#)

その次の日から、私は堂々と黒砂糖を納豆に加えて、食べることにしました。
(黒砂糖は私のこだわり(^^ゞ)

夫はといえば、砂糖を入れたのは一日だけで、相変わらず、ネギと辛子を
たっぷり入れて、食べています。(^^♪


スポンサーサイト

[ 気まぐれ日記 ]
| 2018/02/16 16:35| | COMMENT(10) |
生きていくってこと。。
    

夫の母親が亡くなりました。
98歳でした。(老衰で穏やかに逝ったそうです)

母親が、なんて言い方は、おかしいと思いますが、夫が10歳のとき、
別れた人だったんです。

いろいろ、ふか~い事情がありまして、終戦後、母親は再婚するとき、
子供が3人いたので、3人とも連れて再婚したのですが、
長男である夫は10歳、弟と妹はまだ赤ちゃんに近い年頃。

再婚相手は、物心ついている長男を嫌ったので、
母親は下の2人だけを連れて再婚。
長男は親戚へ。

ここが人生の別れ道だったのですね。

お互い年をしたら、きょうだい皆行き来できるようにするから、
という母親の言葉に願いを託して、夫は生きてきたようですが、
その約束は果たせませんでした。

終戦後の時代、3人の子連れの女が一人で生きていくことは、
出来なかったのでしょう。

私が夫に、小説一冊書けるんじゃないの?と、いうと、
そうだなァ、なんて言ってます。(^^;)

長いこと施設にいた母親、近くに住む娘のお世話になっていました。
気が強く、男にも負けない、というくらいの気性の激しい人でした。

母親がまだ若かったころ、私も散々お小言を言われ続けました。


人を困らせない、人の人生を狂わせない、
単純かもしれませんが、こんなことが生きていく基本のひとつに
入るのかなァ~なんて思っています。^_^;





[ 気まぐれ日記 ]
| 2018/02/10 17:17| | COMMENT(6) |
団塊の世代もいよいよ古希に突入
メニエールの発作はすっかり治りましたが、まだ内耳の血流を
良くする薬を飲んでいます。
なにしろ、突然なので、もし、その日予定があったらどうしよう、といつも思ってしまいます。

50代の頃、自分は60歳まで生きるのかなァ、なんて漠然と思っていました。
60代になって、やはり70歳まで生きることができるのかなァ、と思いました。

でも、こうして、70歳を迎えることができました。(^^;)

↓の写真の本は、以前もブログでUPしたことがありますが、
60歳の記念に、それまで、書き綴った拙文をまとめて、お粗末な手作り本を作りました。

タイトルは「夢幻泡影」(むげんほうよう)、仏教的に深い意味が
あるようですが、私の場合、読んだまま、そのままです。(^-^;

        


        book-1.jpg


そして、また70歳に、パートⅡとして、手作り本を作ろうと、
準備していましたが、なかなか進みません。(^^;)
本の作り方がややこしくて、面倒になってきたんですよね。(年でしょうか)

でも、簡単でもいいから、何とか冊子風にしようと、
今、書き溜めているところです。

誰が読むの?と、言われそうですが、
娘が私の年になって、毎日が日曜日になったとき、何気なく手にしてもらえれば
それでいいな、と思っています。(*^^*)

日常生活のこと、子育てのこと、楽しかったこと、苦しかったこと、そして詩、
いろいろあります…。
もしかしたら、不要な本として処分されるかもしれません。

もし、80歳になって生きていたら、パートⅢを作る予定です。
と、いいたいところですが、それはムリかもしれません。(#^^#)

下手なりに自分の書いた文章を読み返すのも、面白いものですね。
夢、幻と消えた記憶が、よみがえって来ます。(*^-^*)



[ 気まぐれ日記 ]
| 2018/01/30 16:25| | COMMENT(10) |
突然のめまいに襲われて…
昨日、朝、6時30分に目が覚めました。
目を開けたとたん、天井が、壁が、部屋中がグルングルン回っているのです。
それと同時にものすごい吐き気……。

また、メニエールかもしれない……。

10年以上も前、この症状が何回も出て、救急で病院へ行ったこともありました。
もう、すっかり治っていたと思っていたのに。(-_-;)

起き上がることも立つことも、もちろん歩くこともできません。

        


物音がするので、もう起きているらしい夫を、大声で呼び、洗面器を持って来てもらいました。
そのまま布団の中で、うずくまり、目を閉じて、さらにタオルで目を覆い暗くして、ガマンです。
目を暗くした方が、めまいが少しは和らぎます。

身体を動かしても、頭を動かしてもグラグラとするめまいや吐き気が大きくなります。

このまま5時間、洗面器を抱えてジッーーとしています。

大変なのは、トイレです。
歩けないので、嘔吐を覚悟で、なんとか這いずりながら行きます。(+_+)

昼の11時半頃、やっとめまいが消えて、起き上がることができました。(^O^)/
身体がぐったりしています。

まず、お茶とご飯とみそ汁を、すこ~し食べました。
かなり水分が不足しているみたいで、お茶は6杯も飲みました。

こんな経験は二度としたくないと思っていたのに、10年以上経って、また再発です。

今日、耳鼻咽喉科へ行こうか迷いましたが、まずかかりつけ医に相談してみようと思い行ってきました。
まだ本調子ではなかったけど、なんとか歩けました。

「めまいは再発するからねぇ」と先生はおっしゃって、いつもの薬に加えて、
内耳の血流をよくしたり、回転性のめまいを和らげる薬を出してもらいました。(一週間分)

めまいには、良性発作性頭位眩暈症というのや、メニエール病というのがあるようですが、
10年前、病院で検査しても内耳の問題なので、ハッキリとした原因は分かりません。

今は、仕事もしてないし、これといったストレスもないのですが、
なぜ、めまいに襲われるのでしょうか。

ご存じの方がいらしたら、教えて下さい。

私の場合は、一度めまいが起きると、長時間続きます。
もう、ゼッタイ嫌です。

ちょっと疲れましたので、この辺にしておきます。
ごめんなさい。





[ 気まぐれ日記 ]
| 2018/01/25 16:31| | COMMENT(8) |
大雪です!
昼ころから大雪になりました。
今年、初めての雪……。

写真を載せようと、ベランダから降りしきる雪の景色を撮ったのですが、
ただ、真っ白けになってしまったので、これはキャンセル。(^^ゞ

午前中にスーパーへ買い物に行って来ました。
明日は雪が積もっていて、多分出かけられないのでは、と思って……。

月曜日だというのに、スーパーは激混み、みんな同じこと考えるのですねぇ。

雪が積もったからって、外出できないわけではないのですが、
こちらの雪は、次の日天気がいいと融けてビシャビシャになって、
それが凍って、歩くのが怖い。(*_*;

それに靴も万全ではないし……。

でも、仕事している頃は、雪が降ろうと、雨が降ろうと、ヤリが降ろうと、
出かけなくてはならなかったですよね。

こうして、家にいて、降る雪を眺めながら、
「スゴ~イ!」と、言っていることがしあわせです。(#^^#)

        
yjimageUJ3AE429.jpg



[ 気まぐれ日記 ]
| 2018/01/22 16:14| | COMMENT(8) |


訪問ありがとうございます



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



プロフィール

ハナコおばさん

Author:ハナコおばさん
ご訪問いただきましてありがとうございます。
ハナコおばさんの「ハナコ」は、以前飼っていた柴犬の名前からつけました。
団塊の世代です。

・・・O型、みずがめ座・・・



最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム