タイトル画像

女性が輝く社会

2014.10.03(17:00) 94

安倍内閣は「女性が輝く社会」の実現に向けた取り組みを本格化させるという。
それも「すべての女性が輝く社会づくり本部」を設置するというのだから、すごい!!

でも、すべての女性って、幾つぐらいまでのことを言っているのだろう。
生産年齢ってことだろうか。

具体的にどう輝くことを言うのだろう。
家事や子育てなどの経験を生かした再就職や、個性と能力を十分に発揮できるよう環境整備を進めていくというが、
私の年代になるとまったく関係ないような気がする。
なのに「すべての女性」と言っている。

私は、娘が1歳と10ヶ月から大学卒業過ぎまで、フルタイムで働いていた。
今、たくさんの自由な時間がある中で、時々散歩の途中、幼稚園の園児のお散歩や、ママさんと仲良く歩く幼児など見かけると、娘に申し訳なかったと、悔やむことがたびたびある。

私には、そういう思い出があまりない。
いつも忙しく、子供とゆっくり散歩したり、遊んでやった思い出がない。

この年になって、なんと悲しくて、悪かったことかと悔やむことがある。
夏休みや冬休みは、田舎の私の母に預けていた。

娘が結婚して以来、専業主婦になっているのは、母親のいなかった淋しさを、自分の子供に味あわせたくないからではないかと、時々身にしみて思う。

ただ、働くことでは充実した生活だったと思うが、心の片隅には後悔も残っている。
光のある所には、必ず影ができる。
「女性が輝く社会」の影もまたあるような気がする。




スポンサーサイト


スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
<<大腸内視鏡検査 | ホームへ | 東京競馬場>>
コメント
とても示唆に富んだブログだと思います。
政府の言う女性が輝くとは、外で働くこととシンクロしているのではないでしょうか。
ママが家にいてやることは、情操情緒面で意味があると思います。
方や、女性が社会に出て働く意味もかなりあるでしょう。
多くの場合、良し悪しは表裏一体ですね。
【2014/10/03 18:11】 | 明かり #- | [edit]
娘さんと 近所に同じ人います
親しい友達ですけれど共働きで先生していました
子供はおばあちゃん任せで 二人は安心して定年まで
彼は校長先生までやった方なの
その娘さんはお勤めは全くせず
聞くと私のような淋しさは子供にさせたくないと
今 驚いたらしいです
わが娘が私を大切にしてくれ親孝行なのを
褒めてくれながら こぼします
わが娘はクールだと 育て方で子供も違いますね
【2014/10/03 18:35】 | 喜美 #XaibZUFM | [edit]
コメントありがとうございました。

> 政府の言う女性が輝くとは、外で働くこととシンクロしているのではないでしょうか。
そうですね、そうだと思います。
そればかり強調されているようで、納得いかないのかもしれません。
おっしゃるように情操情緒面はある意味、最も大切なんじゃないかと反省も交えて思っています。
確かに表裏一体といえばそうですよね。
それとも、年を取って古い考え方に偏ってしまったかしら、なんて思ったりします。(*^^*)

【2014/10/04 16:14】 | ハナコおばさん #- | [edit]
コメントありがとうございました。
何だか胸が詰まりますね。
喜美さんの娘さんは、親孝行でほんとによかったです。
喜美さんの育て方が良かったのでしょう。(*^^*)
私は今となっては、もう遅いです。
【2014/10/04 16:26】 | ハナコおばさん #- | [edit]
女性が働くと
やはり子供に寂しい思いをさせますよね!

ご苦労されたんですね!

私も4人の子供を育てるには大変な
思いがありました。

主人が単身赴任の時は大変でした。
それでも大学に大学院まで行かせましたからね
【2014/10/05 19:44】 | みのり #mQop/nM. | [edit]
コメントありがとうございました。
そうですか、4人のお子様を育てられたんですか。
それは大変でしたでしょう。
恥ずかしながら、私はひとり娘なんです。
とても比べものになりません。(*^^*)
皆さん、それぞれ何かしらのご苦労はありますね。

【2014/10/06 17:00】 | ハナコおばさん #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する