タイトル画像

深夜のひとりごと

2014.06.21(17:18) 71

何年か前、深夜、目覚めたとき、NHKの「ラジオ深夜便」からこの曲が流れていた。
淋しさの中に、ホッとする安堵感、そう、これでいいんじゃない? いいのよ・・・・後悔ばかりする人生が、妙に納得できてしまうような、そんな気持ちになった。

大好きな五木寛之氏の作詞ということもあって、しみじみと、聴いていた。
人生も終盤に近づこうとする、年齢にぴったりの詩のせいなのだろうか。

 あの時、ああすればよかった、こうすればよかった、そしたら、今はこうなっていたに違いない。そんなことを思ってみても、いまさら何になるのだろう。
還らぬ季節は、もう忘れよう。
これから行く道を見つめて、どんなに小さな喜びでも、大切にすることがこれからの生き方なのかもしれない。


夜 明 け の メ ロ デ ィ
                 作詞 五 木 寛 之 
                 作曲 弦   哲  也
                 歌  ペ ギ ー 葉 山
朝の光が さしこむ前に
目覚めて 孤独な時間が 過ぎる
あの友は あの夢は 今はいずこに
※ 還らぬ 季節は もう
忘れてしまえばいい
すてきな 思い出だけ 大事にしましょう
そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー

花のいのちは 短いけれど
重ねた 歳つき 背中に重い
歓びも 悲しみも みんな人生
※ 愛して 別れて また 
どこかで 逢えればいい
ちいさな幸せでも 大事にしましょう
そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー
 (繰り返し)
そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー
 夜明けのメロディー




☆ よろしかったら↓からお聴きくださいませ。



スポンサーサイト


スローライフの日々から


<<眼科 | ホームへ | 撮影>>
コメント
ハナコおばさん、こんばんは

私も五木寛之さんは大好きです。
中学三年生の時に呼んだ、「青年は荒野をめざす」以来、全作を読んでいます。
今は「親鸞」の第三部が待ち遠しいですね。
【2014/06/21 17:52】 | トラ #7yu2AX4I | [edit]
>重ねた 歳つき 背中に重い
>歓びも 悲しみも みんな人生

・・まったくそのとおりですね。
重さにつぶされないよう生き抜くすべも 重ねた月日が
教えてくれますね。
【2014/06/21 21:44】 | 風香 #pxte90fw | [edit]
コメントありがとうございます。
トラさん全作読んでいらっしゃるんですか、すごいですね。
中学三年生でもう・・・
私はまだ「親鸞」も読んでいません。(^^;)
昔の本ですが「大河の一滴」とか「こころとからだ」とかいうものを、何回も読み直しています。
一度読んでも、しばらくすると忘れちゃうのでね。(*^^*)
【2014/06/22 11:16】 | ハナコおばさん #- | [edit]
コメントありがとうございます。
そうですね、生き抜くすべも 重ねた月日が教えてくれますね。
退職があって、第二の人生になったり、引っ越しがあって第三の人生になったり、
人それぞれ違うと思うけど、長いようで、あっという間の短い人生です。

【2014/06/22 11:25】 | ハナコおばさん #- | [edit]
初めて曲を聞きました
歌詞もメロディも素敵ですね
楽譜を購入して練習したいと思います
【2014/06/22 22:18】 | のびた #- | [edit]
コメントありがとうございます。
音楽訪問されていらっしゃるんですね。
毎日がイキイキとされているのではないでしょうか。
羨ましいです。
私も聴きたいです(*^^*)

【2014/06/23 16:08】 | ハナコおばさん #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shiba477.blog.fc2.com/tb.php/71-98d60d3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)