FC2ブログ

考えさせられたこと。。

        (散歩道から)
        



NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」を観ました。

一人の日本人女性が、スイスで安楽死を行った。

女性は重い神経難病を患い、自分らしさを保ったまま亡くなりたいと願っていた。

患者の死期を積極的に早める安楽死は日本では認められていない。
そんな中で、民間の安楽死団体が、海外からも希望者を受け入れているスイスで
安楽死することを希望する日本人が出始めている。

そんな内容でした。


この病気は原因や治療法が不明で、進行性なので人工呼吸や胃ろうが必要となっていくのだそうです。
安楽死の瞬間もとらえていたので、かなり衝撃的でした。

しばらく考え込んでいました……。

彼女は「確実に私が私で無くなっていくのが分かる、それが怖い」
「天井を向いているだけだったり、食事をしてもらったりオムツを変えてもらったり
そんな生活に生の喜びが感じられるのか、それでも生きていたいと思えるのか、
毎日自問自答している」

「死を選べるということは、どうやって生きるかを選択するのと同じくらい大事なこと
 みんなが安楽死について考えるのは、ある意味私の願いでもある」
と話していました。


日本では安楽死が認められていない。

スイスにはいくつか安楽死を助ける団体があり、今年だけで
すでに日本人6人の登録があるということです。


スイスの病院に到着してから2日間の猶予があり、本人が
よく考え、最期に点滴の管を本人が開く。

そして数分で穏やかに眠るように亡くなっていった彼女。
「ありがとね」と、言って。
それを見守る家族……。

日本では安楽死は認められていないので、遺体は持ち帰れず
遺灰はスイスの川に流されたそうです


スイスでは、個人の死に方は個人で決めるべき、という考え方が浸透し
法律でも容認されつつあるそうです。


一方、もう一人の日本人女性、同じ病気でかなり進行しているということです。
身体の中で動くことができるのは、瞼だけ。
人工呼吸器と胃ろうで生きている。

「あなたの生きがいは何ですか?家族?」の問いに、
彼女はしっかりと瞼を閉じる。

瞼を閉じることは「はい」を意味する。


人それぞれいろんな考えもあると思うので、一概には言えませんが、
ただひとつだけ、安楽死は、明確な本人の意思表示が必要なので、
認知症になってしまったら、どうすればいいのか、聞きたい、と思いました。


ただ、生死は自然に任せた方がいい、としたら、認知症も
自然なのだから、そのままでいい……という考えもありですよね。

さて、皆さんはどうお考えになるでしょう。


スポンサーサイト
 [ 2019/06/07 11:39 ]  気まぐれ日記 | TB(-) | CM(-)
訪問ありがとうございます
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ハナコおばさん

Author:ハナコおばさん
ご訪問いただきましてありがとうございます。
ハナコおばさんの「ハナコ」は、以前飼っていた柴犬の名前からつけました。
団塊の世代です。

・・・O型、みずがめ座・・・

検索フォーム