FC2ブログ

古いノートから

        (散歩道から)
        
        



        (散歩道から)
        IMG_0003_2018052616063761c.jpg


自分の机の引き出しの中が、あまりにもゴチャゴチャしているので、
整理していたとき、引き出しの奥から、一冊のノートが出てきました。

まだ、こんなノートがあったんだ、と思いながら、懐かしく見てみると、
中はびっしりと書き込まれていて、だいたい平成5年くらいのものでした。

その中に、

確か、「やなせ たかし」の詩だと思うのですが……

           ひかげの花

        ひかげに 花が咲いていた
        花のなまえは しらないが
        ちいさな 青い 花だった

        ある日 私は その花を
        ひなたの土に うえかえた

        光の中でゆれながら
        花は 
        私に ほおえんだ
        しかし
        次の次の日 
        朝の光がさしたとき 
        花は みじめに かれていた 

        ひかげに咲いた 青い花
        ひかげのままが よかったか
        私は ひどく つらかった


そんな詩が書いてありました。(^-^)

今日、散歩の帰り道、道端にホタルブクロが顔を出していました。

そういえば、ずっ~~と以前のこと、生い茂る草むらに咲く、ホタルブクロを、
引っこ抜いて、我が家の庭の日当たりのいい場所に、植えた記憶があります。

毎日、水をやって育てているつもりでしたが、そのうち、枯れてしまいました。
どうして枯れてしまったか分かりませんでした。

        sample.jpg


環境が変わったからでしょうけど、この詩をノートに書き留めたのも
この頃だったかもしれません。

今でも好きな詩です。(*^^*)



スポンサーサイト
 [ 2018/05/26 16:37 ]  気まぐれ日記 | TB(-) | コメント(12)
やなせ たかし氏は「アンパンマン」の漫画家ですよね。
心にしみる詩を書かれたのですね。

人にも当てはまるけど、野の花も育つ環境が一番なのでしょうね。
良かれと思って手をさしのべたことが、逆の結果になることも・・。
似たようなことの諺に「やはり野におけ蓮華草」があるけれど、
人の力を入れないほうが善いこともあるのですね。

ハナコさん、他にびっくりの思い出も見つかりましたか?^^
[ 2018/05/26 17:06 ] [ 編集 ]
風香さんへ
そう「アンパンマン」ですよね。
この詩以外にも、やなせ たかし氏の詩がたくさん書いてありました。
この頃も好きだったんだなァって思います。
でも、みんな悲しい詩ばかり…。
本を読んでいて、好きな文章とか言葉があると、ノートに書き写して
いた頃でした。
今は、視力が弱くなって、本も続けて読むのが
難しくなりました。(^^;)

やはり野におけ蓮華草……聞いたことあります。
蓮華草は、野で生きていく花なんですね。
私はどこで生きてくんでしょう。(^-^;
[ 2018/05/26 17:31 ] [ 編集 ]
ホタルブクロ、びっしり咲いていた時期もあったのですが、
今は ドクダミ草や、ヤマユリに押されて少なくなってきました。
でも以前 畑だったせいか、少ない分 大きくしっかり育っています。

何だか切ない詩ですね。
私は 結婚前の 交換日記 そろそろ断捨離したいと、
思いながら、まだ捨てることが出来ません。
読み返すのも していません( ´艸`)。
昔の5年日記とか読むと面白いですね。
[ 2018/05/26 18:39 ] [ 編集 ]
こんばんは~

散歩道、色々な花が咲いているんですね、
みんな道端に咲いているんですか、
私の散歩道、タンポポくらいかな、
今、裏道の街路樹のハナミズキが綺麗です。
[ 2018/05/26 22:10 ] [ 編集 ]
日記帳
長い間書いていました読むたび思い出し
懐かしく思っていましたけれど
私が亡くなって読まれたら恥ずかしいとか
急に考え処分して今は書いていません
不便な時が度々あります 此のころの気候
お付き合い色々書いてありましたから
[ 2018/05/27 06:35 ] [ 編集 ]
こんにちは。
私は谷川俊太郎さんの詩が好きです。

敷地内にスミレ・姫桔梗草がたくさんあったのですが
2~3年前から見なくなりました。
これが野の花の宿命なんでしょうね。
[ 2018/05/27 12:38 ] [ 編集 ]
たまさんへ
結婚前の交換日記?!
誰と?今のご主人と?(失礼しました(^-^;

読み返すと、気持ちもあの頃に戻って、
なかなかいいものです(*^^*)
若返るかもね。

ドクダミ草は強いですね。
今、あちこちに咲いていますよね。
以前、水墨画の題材によく出ました。
[ 2018/05/27 15:30 ] [ 編集 ]
夜霧さんへ
こちらは都心ではないので、海はないけど、緑がとても多いです。
みんな道端に咲いている花です。
ホントいうと、大きな公園の一部になるのですが…。
公園を抜けると、ショッピングセンターです。
でも、畑も水田もないので、私としてはちょっと寂しいかな(^-^;
[ 2018/05/27 15:37 ] [ 編集 ]
喜美 さんへ
そうですね、日記帳は処分がなかなか難しいですね。
でも、思い切って処分されたんですね。(*^^*)
今は、書いていらっしゃらない。

古いノートは、本の中から、好きな文章や言葉を
書き写したものなんです。
40代前半、そんなことをしていました。
ありがとうございます。
[ 2018/05/27 15:47 ] [ 編集 ]
タンポポさんへ
谷川俊太郎、知らなかったので、さっそく調べてみました。(*^^*)
85歳を迎えて、今も執筆し続ける国民的詩人なんですね。
いくつもの作風を使い分ける異色の詩人、とありました。
教えて頂いてありがとうございます。

敷地内のスミレ、残念ですねぇ。
[ 2018/05/27 16:01 ] [ 編集 ]
含蓄がおますな~
善い詩ですわな、やなせはんですか。

野草を人の生き方に例えてあって、腹に響きますわ。

縁の下の力持ち的な生き方をやってるわしも共感を覚えます。

[ 2018/05/29 10:54 ] [ 編集 ]
やたがりあ さんへ
コメントありがとうございます。
私も、人の生き方の例えのようで、とてもジンとくるんですよね。

アンパンマンの作者だけど、アンパンマンも困った人、お腹の空いた
人をみると、自分の顔(アンパン)をかじってもらって助ける、というような意味
があるらしいですけど。(*^^*)

やたがりあさん「縁の下の力持ち的な生き方をやってる」のですか?
アンパンマンみたいですね(*^-^*)
[ 2018/05/29 14:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
訪問ありがとうございます
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ハナコおばさん

Author:ハナコおばさん
ご訪問いただきましてありがとうございます。
ハナコおばさんの「ハナコ」は、以前飼っていた柴犬の名前からつけました。
団塊の世代です。

・・・O型、みずがめ座・・・

検索フォーム