タイトル画像

再び、実家へ行ってきました

2017.05.16(17:00) 241

(散歩道から)



67歳で亡くなった、義妹の49日と納骨で、また実家へ行ってきました。
2月にガンが見つかって、3月に亡くなりました……早すぎます。

母はショートステイに入っています。
行ったその日、母に会いに行きました。

広場?のような大きなテレビのある所のソファで、ひとり座っていました。
声を掛けると「あれ?どうしたの?」と、不思議そうな顔をします。

明日は納骨で…と、話しても理解できないようです。
お墓に行くの、というと「ああ、お墓ね、いいね」と、言っていますが、
しばらくすると、「どうしたの」を繰り返します。

お土産のお菓子(母の好きだったひよこ)を持って行ったのですが、箱に入っていると、
何だか理解できないようで、2日後にまた、ホームに会いに行ったのですが、
箱は開けられず、そのまま忘れられていました。


全員で納骨を済ませ、会場に戻ってお斎が始まります。
席が決まっていて、私の近くには親戚が座っています。

坊さんにもご挨拶を、と思い、ビールビンをもって坊さんの席まで行き、
今日のお礼を言い、さ、さ、飲んでください、と、まずビールを注ぎます。
日本酒の好きな坊さんなので、また徳利を取りに行きます。


そして、あとは親戚の人たちと、お喋りしながらの飲食です。
家は、みんな車で10分~15分ほどの所です。
この人たちは全員大酒飲みです。
でも、1人だけノンアルコールを飲んでいました。(きっと運転手でしょう)


その日の夕食のとき、跡取り(弟)と2人だけ……。
弟はホッとしたのか、焼酎のお湯割りがすすみます。

そして、雲行きがあやしくなってきました。
なんで、全員にお酌をして回らなかったのか、と怒り出しました。

弟は、お坊さんだけではなく、全員にお酌をして回らなかった、
私の気が利かなさを怒っているのです。

喪主は自分の席を温めるな、といわれるくらいお酌に回らないと
いけないというのです。

まあ、私も気が利かなかったんでしょう。
でも、それなら最初にちょっと言ってくれればいいのに…と、思いながら、
お酒を飲まない私は、じっと聞いていました。(心の中はおもしろくありません)

浄土真宗(大谷派)、田舎の付き合い……
20歳くらいで、故郷を離れた私は、知らないことばかりです。


帰りの新幹線の中、1人おやきのやけ食いデス。

                IMG_0013_20170516155859162.jpg   IMG_0014_20170516155900680.jpg

3月から故郷(実家)を3回往復しました。

冠婚葬祭は、年金生活者にとって、多額の出費です。
子供のいない弟は、私を呼ぶしかありません。

今度は94歳の母の番かな?
そう思いながら、いや、私の番かもしれない、人生マサカのサカがあるものね。

その時は、弟や親戚は東京まで来てくれるのかなァ・・・・
私は、自分の時は直葬で構わない、と、思っている。

             yjimageXS3QHHA4.jpg

スポンサーサイト


スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(12) | [EDIT]
<<飽食の時代に栄養失調? | ホームへ | もう、限界…>>
コメント
ハナ子さんの本音の飾らないブログが好きです。
何処も同じかな~って思います。
ハナ子さんも常識人だと思います。
風習があるかもしれませんが、心がちゃんと
通ってます。
大丈夫と思います。
【2017/05/16 21:10】 | たま #- | [edit]
風習難しい事ありますね 実家の方の事なんか
昔忘れました 此処でも主人が亡くなってもボーとしてしまい
何が何やらわからず 子供達も聞きながらやったみたいでした
今はこだわらなくてもいいでしょう お坊さんが言っていました
知らない人は幸せが多かったのです 覚えるほど知る人は不幸だよと
お経も覚えられない事も良いんですって何回も不幸のある人が自然に覚える
事で わざわざ覚える必要はないと。
笑う人も文句言う人も知らない人たちが多いわよ
【2017/05/17 06:04】 | 喜美 #XaibZUFM | [edit]
たまさんへ

たまさんありがとう。
もしかしたら、これを読んだ皆さんから、お叱りを
受けるのかなぁ…なんて思っていました。

大丈夫と言われて、ホッとしています。
ありがとう(*^^*)
【2017/05/17 12:18】 | ハナコおばさん #6zEUKRPo | [edit]
喜美さんへ

何回も不幸のある人が自然に覚える ……なるほどねぇ、知らない人のほうが
しあわせということですね、う~ん、納得です。
そういう考えもあるんですね。

喜美さんありがとうございます。
こういう場面は、何回も経験したくはないですものね。
【2017/05/17 12:24】 | ハナコおばさん #6zEUKRPo | [edit]
こんばんは

私も、先週 母の納骨をおえました。
母の親戚は近くに居ないし、家族だけの小さな法要で済ませ、ました。

地方ごとに色々な風習があるから、ハナコさんのように実家から
長いこと遠く離れていると知らないことが多くても当然かな。。

>いや、私の番かもしれない、人生マサカのサカがあるものね。
まったく、こればかりは予測がつかないですよね。。
【2017/05/17 19:46】 | 風香 #pxte90fw | [edit]
風香 さんへ

そうですか、風香さんも納骨終えたんですね。

親戚だけでもいいのに、と、思っていたのですが、
弟の友人のほうが多くて、私の知らない人ばかりでした。

だから、ということもないのですが、知らない人にお酌まわりは
苦手なんですよね(^^;)

年の順とは限らない、今度のことでつくづく思いました。
【2017/05/18 15:56】 | ハナコおばさん #6zEUKRPo | [edit]
私もハナコさんの気負いのない本音ブログが好きですね。
私の読み違いかしら、喪主様は弟さんではなかったのですか?
義姉に当たるハナコさんが喪主?
高齢の母上様の今後はさぞご心配でしょう、
娘であっても遠方ですし、こちらもだんだん歳を重ねます。
このような家族模様や病や葬儀など、今の日本は他人ごとではありませんね。
お察しいたします。

【2017/05/22 15:08】 | ゆりー #- | [edit]
ゆりーさんへ

コメありがとうございました。(*^^*)

そう、ひと言足りなかったですね(^^;)
喪主は弟なんですが、私は喪主側に立っているものとして
お客さまをもてなせ、と、言うのです。
その意識が私には薄かったかもね。( ;∀;)

同じ地域に住んでいれば、もっと簡単に考えられるでしょうけど、
遠方ではなかなか……ね。
こちらも年を取ってきます。

アルツハイマーの母は6月から施設に入居が決まりました。
まあ、それだけでもホッとしています。
【2017/05/22 15:51】 | ハナコおばさん #6zEUKRPo | [edit]
その土地や家によって、しきたりが違い難しいですね。
いったん家を出たものには、浦島太郎状態だと思います。

ナビへの足跡ありがとうございました。
お礼が遅くなってごめんなさい。あちらは休眠状態ですので、
お許し下さいね。
【2017/05/24 13:31】 | タンポポ #- | [edit]
タンポポさんへ

いえいえ、平気ですよ、心配なさらないで
くださいね。(*^^*)

ほんと、ふるさとで育った年月より、ふるさとを出てからのほうが
ずっ~と長いですし、嫁ぎ先のしきたりなどもありますしね。
女って複雑……。
【2017/05/24 16:00】 | ハナコおばさん #6zEUKRPo | [edit]
わ~
大変そうです!

文句言う弟なんて、、、。
でも、弟さんは妻を亡くした人だから、精神的にきつくなっているのかな?

夫の供養などは、しきたりを蹴散らして私の思うように取り仕切ってきましたが、
夫側の誰からも文句も出ず(陰で言われていたかも?)
時代が変わってきんだなと思います。

ハナコおばさん、負けないで。
その優しさにタフさをプラスして、がんばってください。
【2017/05/25 13:32】 | 虎猫 #- | [edit]
虎猫さんへ

う~ん、多分まだ精神的には落ち着いていないというか、
頭の中が混乱しているんだと思います。

しきたりを蹴散らして……わぁ、スッキリとしたお言葉!
虎猫さんはすごい分析力があるから、物事を整然と考えるんでしょうねぇ。

タフさですね(*^^*)
頑張りますヽ(^o^)丿


【2017/05/25 16:20】 | ハナコおばさん #6zEUKRPo | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する