タイトル画像

降って湧いた不幸

2017.03.10(17:19) 233

信州の実家に行ってきました。

跡取り(弟夫婦)のお嫁さんが、ある日突然ガンとわかり、
入院してしまいました。
今まで、ずっ~と健康で、一番長生きするんじゃないか
と言われていた人です。

腰が痛いからと整形外科へ行き、何ともなくて、内科へ行き、そして婦人科で
見つかったそうです。

婦人科系のガンで、ステージ4です。
すでに転移していて、手術はできなくて、抗がん剤と放射線治療をやっています。
退院の目途はたっていません。

94歳の母は認知症です。
弟が一人で面倒みています。

さぞ、家の中は汚くなっているだろうなと、想像して行ったのですが、
これが意外に、とてもきれいなので、びっくりです。(性格なんでしょうね)
冷蔵庫の中もスッキリでした。

ただ、問題は母でした。
これで要介護1?と思われるほど、ひどい症状に、私には見えました。

壊れたレコードのように、同じことを何度も言うのは、もう慣れていますので、
そんなに気になりません。

ただ、お下のほうが……
朝、起きると、掛布団からシーツから濡れていて、
(紙オムツはつけていますが)
ベッドの横に置いてあるゴミ入れに、シテあるのです。
トイレも汚します。


信州はまだ寒いです。
私にとっては、凍えるような寒さなのに、母は薄着で、部屋のストーブもつけていないのです。
それでも平気なのは、寒さの感覚がないのかなァ、と不思議に思います。

古い家なので寒くて、私は導入剤を飲んで寝ますが、よく眠れません。(疲れも取れません)
翌朝は、辺り一面うっすらと雪が積もっていました。



母の世話で、弟はよく動き回っています。(かわいそうでなりません)
コインランドリーで、布団まで、洗濯します。


私や弟が、ベッド周りを片付けているのを、母はじっと見ていますが、
何も言いません。(知らん顔です)


私が、母と同じ炬燵に入ると、母はすぐに話しかけてきます。
私を娘だと少しは認識しているようですが、今の苗字は忘れています。
お嫁さんの、病気、入院などは、まったくわかりません。

よく食べ、大きな声でハキハキものを言います。
ケアマネさんにも、この調子だから、知らない人はしっかりした人だ、
と思われるでしょう。


「人間、年したら、若いもンに迷惑かけたらいけないねぇ」とか、
「今の年寄りは、こずかいもあるし、幸せだよ」とか、
「ウチは嫁姑がうまくいってるから、いいんだよ、家族が上手くいってるのが、イチバンだッ」とか。
何度も、何度も、繰り返し、繰り返し……

充分迷惑かけていますよッ、と、心の中ではむっとします。

そろそろ限界に近づいてきているので、
グループホームを探しました。(サ高住も含めて)

空がありません。
とりあえず、ショートスティに一週間入ります。

そこに行く前も 「親を捨てる気かッ」と、抵抗します。
でも、それもすぐに忘れます。

言われたほうは、なんとも悲しい思いをします。


私は母の横顔を見ながら、つくづく思います。
(母のようになりたくない……母の年まで生きたくない…)


私が一人身で、自由な立場だったら、いくらでもいてやれるのですが、
夫もいます。
帰らなければなりません。

行ったり来たりもしたいのですが、年金生活者の身、交通費(新幹線)もバカになりません。
弟夫婦は子供がいないので、何かあると、私にきます。(2人姉弟なので)

これからのことを考えると、気持ちが沈むので……
いえいえ、気持ちが沈むのは、お嫁さんです。

どんな思いで、病院のベッドで横たわっているかと思えば、かわいそうでなりません。

不幸は予期せずにやって来るように思います。
                 yjimageZ2SZ4K2Z.jpg


スポンサーサイト


スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]
<<いつもの日常 | ホームへ | おバカなカワセミ>>
コメント
お話し聞いただけで辛いですね。
お嫁さんも弟さんも ハナコさんも。
そしてお母さんも。

【2017/03/10 18:58】 | たま #- | [edit]
こんばんは・・。

ハナコさん、心がつぶれそうな思いでしょうね。。
お母様を見てこられた お嫁さんの思わぬ入院は
ご家族の心身のご苦労も、私の想像を超えるものがあることでしょう。

私たちの年齢になると、突然 家族に想定外のことが起きても
不思議ではなくなりました。

私は6日~今日まで実家へ行き、母の百日忌をすませ、遺品整理の続きでした。
あと、1~2回ですべて終えそうです。

ハナコさん、季節の変わり目、お体には十分 お気をつけくださいね。
【2017/03/10 19:09】 | 風香 #pxte90fw | [edit]
実は昨夜もコメントを途中まで書きました…
八方ふさがりのような、出口の見つからないようなつらいお話で…

中でも、お嫁さんの無念さに胸が迫ります。
認知症になられた義母様を長く介護されてきて、
そのご苦労はいかばかりだったでしょうか。

弟様もお母様も、そしてハナコさんも・・・
おつらいですね。
高齢日本には、このような事態が山ほどありそうで・・・
【2017/03/11 06:02】 | ゆりー #- | [edit]
大変ですね私も何時認知になるか心配ですけれど
此れは なりたくてなる人はないと思います

ケアマネさんは解ると思います 商売ですから直ぐ見分けます
私は介護1で週1回リハビリに行きます
雨でも濡れないところまで送迎してくれますから大助かりで
お友達も増えます
一人住まいですから でもこれだけは頑張っても なるものはなりますからね
義妹さん可哀想 子供さんが有ればお見舞いも
又なんでも話せるのに(私がそうでした)
やっぱり一番大変なのは弟さんか 貴女も家庭があるし其方が一番よ
【2017/03/11 08:06】 | 喜美 #XaibZUFM | [edit]
たまさんへ

私はこちらに帰ってくれば、こうしてPCの前に座れます。
母と一緒に暮らしている弟、嫁さんの入院、さぞつらいと思います。

多分、母はつらいと思う感情はないのかも……
【2017/03/11 15:22】 | ハナコおばさん #6zEUKRPo | [edit]
風香 さんへ

ほんとに想定外でした。

この年になると、いつ何が起きても不思議じゃない、と、
口では軽くいいますが、ほんとに突然起きると、ちょっと頭の整理が
つかなくなってしまいました。

風香さんも遺品整理やってらしたのですね、お疲れ様です。
まだ寒さも続きます、お互い体には気をつけましょう
【2017/03/11 15:29】 | ハナコおばさん #6zEUKRPo | [edit]
ゆりーさんへ

そうですね、一番びっくりしたのはお嫁さん自身だったと思います。
なにしろ、痛くも痒くもなかったのですから。
弟もそうですが、これから夫婦仲良く……と、思っていたのじゃないかと…

高齢化社会、認知症、私も含めて、これから
必ず増えてくるのでしょう。

なるようにしか、ならないのかしらね。
【2017/03/11 15:37】 | ハナコおばさん #6zEUKRPo | [edit]
喜美さんへ

どんなに年しても、認知症になる人とならない人がいる。
世間ではいろいろ言われていますが、
なぜ、神様は認知症という病気を、人間に与えたのでしょう。

母をみながら、いずれ私も同じ道を歩むのでは…なんて
考えてしまいます。

だから、やはり少しの文章でも、このブログに書いて、
ボケ防止になれば、なんて思います。

そうですね、子供がいれば、おのずと道は違ってくるし、
頼りになるし……でも、それは今望んでも、致し方ないこと。

運命ですね。


【2017/03/11 15:50】 | ハナコおばさん #6zEUKRPo | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する