スローライフの日々から

故郷の母に会って…。

(散歩道から)
IMG_0025_20161026162531fd2.jpg


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


故郷、信州に住む母に会いに行ってきました。
background-free35.jpg

母は93歳。認知症です。
とても元気そうで、いい顔をしていました。
でも、私を見ても「ああ、こんにちは」と、言って、ニッコリ笑いますが、
娘のワタシを見ている目ではないと、直観的にわかります。

誰かわからないけど、親しい人が来たな?そんな感じです。
0-37.jpg

要介護1なので、食事も排せつもまだ一人でできますが、
外は歩けません。
家の中は「ヨッこらしょ、ヨッこらしょ」と言いながら、一歩いっぽ、歩いています。

一週間に4回、ディサービスに行ってます。
「ディサービスは、どう?」と、聞くと、楽しくて、楽しくて仕方ないと笑顔で答えます。

8299614a93a12b8b008d665477c162c5.jpg

孫の名前も忘れ、もちろんひ孫の名前も忘れ、肝心の娘の名前も思い出せないようですが、
「誰だか、わかるぅ?」と、聞くと、自分の姉妹と私の名前を、棒読みに言います。
でも、目の前のワタシが、そのうちの一人、というのが、理解できないようです。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

母は、早くに自分の母親を亡くし苦労しましたが、性格は活発で積極的、病気一つしないで、
健康でエネルギッシュな人でした。
逆に、私は病気がちで、静かに本を読んでいるような子供でした。

それが母から見て、私は「のろま」に見え、母をイライラさせたのだと思います。
母との確執はずいぶん続きました。

20歳前に横浜に出てきた私は、そこで仕事に就き、結婚しました。
その結婚相手が母には気に入らず「二度と実家の敷居はまたぐな…」とまで言われましたが、
孫ができてからは、何となく行き来するようになりました。
(実家出産もできませんでした)

父は、母が55歳の時、他界しました。
母は70代、80代と、地元の婦人会で、大いに活躍したようです。
(後で、写真で知りました)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

その母が今、目の前で、ただニコニコ笑っています。

05kakawarikata.jpg

子供のいない、跡取り夫婦と暮らしていますが、お嫁さんには、ゼッタイ服従です。
これだけの気性の人でも、お嫁さんに逆らってはいけない、
というのが、頭のどこかで、分かっているのだと思います。

もちろん、私もお嫁さんには、深々と頭を下げて「よろしくお願いします」と、言って帰ります。


今はいろいろな人生があり、生き方もいろいろですが、
もし、子供がいたら、女の子はなるべくなら、近くに住んでもらいたい、と、勝手なことを思います。


これは親のわがままでしょうか。
そして、私は親不孝な子でしょうか。

IMG_0020_2016102716553703a.jpg
(善光寺)



スポンサーサイト

コメント

人生いろいろ、あらっ~な

衰えた親の姿を目にすると、何の理由もなく心が痛みます。
でも、ここは強い心で割り切りましょう。
子が正しい人生を送っていることが、最大の親孝行だと!

さすが阿Qさん

お身体がピンピンでディサービスが楽しくて、
もう十分ではないでしょうか。
素敵な年の取り方です。同居のお嫁さんに感謝ですね~。
ハナコさんはちょっと悲しいでしょうが、
自分の娘は近所が良いって考え方当然ですよね。

親子

大丈夫ですよ 食事排泄も出来る位ですもの
よたよた歩きは私もそうです 昨年転んでから
急に歩けなくなりました 一人で住んでいます
物忘れもありますけれど だんだん仕方ないとあきらめています
私も介護1です お掃除週1回来てもらい
リファビリーに1回(午前中行きます)

阿Qさん、こんにちは

優しいお言葉、ありがとうございます。
子が正しい人生を送っている……かどうか、分かりませんが、
まあ、間違った人生、とも思えません。^_^;

複雑な気持ちですが、ここは強い心を持つことに致します。(#^^#)

たまさん、こんにちは

そうですね、ディサービスが楽しいとか、今の年寄りは幸せだ、
というのが、母の口癖になっていますが、もしそれが本当なら
私も救われます。
ただ、アルツハイマーなので、どこまで本当なのか、うそなのか、
瞬間的には、ハッキリ話しますが、2、3分後には
その話をすっかり忘れています。^_^;

娘が近くに住むということは、母にとっても、娘にとっても
いい事ではないかなって思います。

喜美 さん、こんにちは

そうでしたか、喜美さんも介護1だったんですね。
お一人で、偉いですね。
しっかりしていらっしゃる。
見習わないといけませんね。
私だって、いずれ一人になるんですもの。
心を強く持たなきゃいけませんね。^_^;

こんにちは

お元気なお母さまにお会いできてよかったですね。
自分の足で歩けるのですもの、いいですよ。
私の母は94歳、大腿骨を骨折して以来歩けません。
行くたびに認知症が進んで悲しいです。

娘が近くに・・・最近思います。

タンポポさん、いらっしゃ~い

そうですね、外は車いすですが、家の中は何とかゆっくりですが、
歩いています。
骨折はいけませんねぇ。
私自身も気を付けなければいけないと思ってます。

娘が近くにいるってことは、心強いと思うのです。
でも、私は離れているので、それだけでも親不孝かと、
時々考えてしまいます。(仕方ないけど)

弟夫婦に感謝です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

訪問ありがとうございます

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ハナコおばさん

Author:ハナコおばさん
ご訪問いただきましてありがとうございます。
ハナコおばさんの「ハナコ」は、以前飼っていた柴犬の名前からつけました。
団塊の世代です。

・・・O型、みずがめ座・・・

最新記事

最新コメント

カテゴリ

気まぐれ日記 (248)
水墨画 (5)
風景 (1)
花 (2)
PCお絵かき (1)
老犬との暮らし (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん