タイトル画像

ふるさと

2016.10.07(16:59) 213

(散歩道から)


今日は、カラッとした秋らしいお天気になりました。(^^♪

いつものように、ゆっくり歩きで、散歩に出ましたら、
橋の下で、ハーモニカを吹いているオジサンがいました。

大きな鉄骨の橋ですので、音が響きます。(いい音です)♪

♪うさぎおいしかの山~~~♪♪

“ふるさと”のようです。

オジサンは、身体を揺らして、ムード酔いしれているみたい……^_^;
すごく上手なんです。(*^-^*)

しばらくポツンと突っ立って、聴いていました。

“ふるさと”かぁ、もうどのくらい帰ってないのだろう……。

IMG_0008_20161007161110c38.jpg

ふと、思い出しました。

「ふるさとは遠きにありて思ふもの」
あの、室生犀星の有名な詩ですね。

ワタシの単純な脳細胞は、若い頃、これは望郷の歌だと思っていました。
でも、違うんですね。


yjimageTWRHCR2N.jpg

ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや

l-donguri.jpg

ふるさとに帰りたいけど、そこにはもう自分の居場所はないのだと断念して、
都会に帰る歌だったんですね。

この年になると、意味がよ~く分かります。
明治時代のお話しらしいので、今とは事情も違うでしょうけど…。

今は、ふるさとが懐かしくて、帰っても、風景が違って、
まるで知らない街へ来たように思うときがあります。
建物も、道も分かりません。

ただ、山や河だけが昔と同じのには、ホッとします。
懐かしく思うのは、自分が子供の頃の、あの時代のふるさとなんですねぇ。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ワタシの母は今93歳、そろそろ顔を見に行こうかな…。
認知症で、ワタシの顔を見ても分からないと思うけど (;´Д`)

跡取り夫婦と一緒に暮らしていますので、その点は安心ですし、
感謝しています。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

いつまでも突っ立って、オジサンのハーモニカ、聴いているわけにもいきませんので、
ちょっとお礼をして、立ち去りました。
オジサンもハーモニカを吹きながら、ちょっと頭を下げたようでした。^_^;


スポンサーサイト


スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
<<大失敗 | ホームへ | 骨密度>>
コメント
分厚いのがあります。もう何十年も開いてないです。
それでも出して読もうかな。
でも、重い、腰にこたえそう、トホホ~
【2016/10/07 17:21】 | 村雨 #- | [edit]
信州が故郷なんていいですね。
私は恵まれてるんだな~と思います。
育った町に帰って来られて。
環境は子供のころから比べると
道に迷うようにありますが、
山や川は動かないですもんね。
今年は博多の夜の屋台行きが目標です。
【2016/10/07 18:43】 | たま #- | [edit]
この歌大好きです
地方の町に住んでいたのですウサギも見た事ないし
魚釣りも知らないけれど2番歌い出すと
涙ぐみます
【2016/10/07 20:54】 | 喜美 #XaibZUFM | [edit]
室生犀星の本、お持ちなんですね。
若き日の犀星は、複雑な家庭環境だったとか
きいたことあります。
孤独だったのかもしれませんね。
【2016/10/08 11:32】 | ハナコおばさん #aEoFiBPE | [edit]
育った街に帰ることができるって、しあわせ
だと思うんですよ。(^-^)
博多の夜の屋台行きが目標ですか、やっぱり
しあわせそう。(^^♪
いいなァ(^^;)
【2016/10/08 11:36】 | ハナコおばさん #6zEUKRPo | [edit]
2番はたしか……

♪如何(いか)に在(い)ます 父母
恙(つつが)なしや 友がき
雨に風に つけても
思い出(い)ずる 故郷♪

いつ聴いても、良い曲ですねぇ。
山は青き 故郷
水は清き 故郷……ですね。
【2016/10/08 11:40】 | ハナコおばさん #6zEUKRPo | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する