スローライフの日々から

孫が怖い !!

インフルエンザのための咳も治まり、やっと普通の生活に戻れたようです。
でも、咳は長く続きやすく心配だったので、昨日医者で、薬を貰って来ました。

今日は、お天気もよく久しぶりの散歩コースを歩いて来ました。
約6600歩、まあ、これでいいとしましょう。

ところで、最近「孫が怖い」と感じる高齢者が増えているそうですね。
福岡、北海道、埼玉と祖父母を殺害する事件があり、「ウチの孫は大丈夫か」といった電話相談があるそうです。

祖父母が道徳を説き、父母が実際に子どもの教育やしつけをするという、かつての家族制度は、父母が祖父母を敬うという権威付けがあったから成立していたというのです。

ところが現代は、父母に敬老の精神がなければ、孫が従うわけもないというのです。
若者にとって祖父母は、ただの口うるさい老人に過ぎなくなっているというのです。

孫を思う気持ちも、うざがられるだけになっているのでしょうか。
がっかりですが、そういえば思い当たることがありました。

何ヶ月か前、中学一年になる男の子と、一日、留守番を、ママ(娘)から頼まれました。
私としては、大歓迎です。

ところが、中学生の孫は「バァバとは絶対イヤ!!」 と、言っていたらしいのです。
散々言い聞かせた後、「何でバァバとはいやなの?」と、娘はその子に聞いたら、

「だって・・・ママにソックリなんだもん・・・」と、答えたそうです。
孫に言わせると、私の叱り方がママにそっくりなんだそうです。(*_*;

ああ、気をつけなくちゃ・・・孫に嫌われちゃうわ・・・(+_+)
正直、私もガックリでした。

孫と一緒に暮らしている家族、離れて暮らしている家族、みんなそれぞれ立場が違ってくるのでしょうけど、
かつての家族制度のまま話している祖父母と、孫との間には、深い河が横たわってしまったのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
散歩の途中で撮りました。


スポンサーサイト

コメント

うーん考えさせられますね。
男子孫は難しい時期があり、中学時代がその時期かと。
女子でも、中学の頃は口数が少なく、どことなくそれまでよりよそよそしかったかしら。
でも大人になった今はまた人懐こい孫に戻っていますよ。
ちゃんとした家庭なら、ご心配はないかと。

本当に悲しい出来事ですね。
息子も大学時代2か月ほど実家に私の母と二人で暮らしたことが・・・
一人暮らしが長かった母は孫の世話を嬉しがっていましたが
息子には話し相手が辛かったと後から聞いたことがあります。
世代のギャップ核家族で悲しいですね。
田舎では祖父母が孫の子守は普通だったのに。

こんばんわ

今はテレビで良く事件が起きていますね。
中学生くらいの孫は難しいようですね。
私の孫は田舎で大きくなればそれだけいまは叱るにも気をつけて
いゃな時代ですね、今は孫は観ていないので楽です。

散歩の時の写真は素敵な所ですね。
徒歩6600歩無理なくよいと思います。

私にはテレビの事件が不思議です
私の孫は昔から私を慕ってくれ
男と女で中高の時でも踊って歌う歌手の真似したり
私がお姉さんを辞めさせたくらい 高3でしたよ
今お互いに家庭持ってもメールは寄こすし夫婦で遊びに来ます息子以上に
来てくれます

明かりさんへ

明かりさん~訪問ありがとうございます。

ウチの中学生の孫もだんだん無口になって来ました。
黙っているので、こちらも何を話していいかわからなくなります。(^-^)
大人になると、また戻るのかしら・・・
無口のわりに子供っぽい所もありなんですよね。💦

ばばたまさんへ

ばばたまさん~訪問ありがとうございます。

う~ん、確かに世代のギャップはありますね。
特に離れて暮らしていれば、ただの親戚?ですものね。
そう、昔は孫の子守りって普通でしたよね。
私も子供の頃、じいちゃんにお守りしてもらった思い出があります。(*^-^*)

さつきさんへ

さつきさん~訪問ありがとうございます。

特に男の子は難しいように思います。
それに私、女の子しか育ててないので、まごつくんですよね。(^^;)
叱る言葉も気をつけないとね。

さつきさん、健脚でいらっしゃるから、もっと歩数行くんじゃないでしょうか。

喜美さんへ

喜美さん~訪問ありがとうございます。

息子さん以上に来てくれるなんて、なんてステキなことでしょう。
喜美さんは、慕われているんですねぇ。
何と羨ましい。♪
きっと、喜美さんの子育てが上手くいったから、お孫さんにも伝わったのでしょうね。

いや~、怖い世の中になったものですね
これも
大人の責任なんだけどね。
でも
孫の顔色を見る大人にはなりたくないし、
我々は
「ど~お~すれば~いい~ので~しょう~か~♪」

やっぱり「何でも自由と平等を…、」の教育は
ここらへんで再考が必要かもですね。

ボブ! さんへ

ボブ!さん~訪問ありがとうございます。

ほんとに孫の顔色を見ながら・・なんてイヤですよね。
長い人生を過ごしてきた訳ですから、いいこと、悪いこと話したい、と思います。
が、これも年寄りの冷や水になってしまったら、どうしましょ。

個人主義とか核家族とか、個人の自由とか、行き過ぎちゃったのでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

訪問ありがとうございます

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ハナコおばさん

Author:ハナコおばさん
ご訪問いただきましてありがとうございます。
ハナコおばさんの「ハナコ」は、以前飼っていた柴犬の名前からつけました。
団塊の世代です。

・・・O型、みずがめ座・・・

最新記事

最新コメント

カテゴリ

気まぐれ日記 (248)
水墨画 (5)
風景 (1)
花 (2)
PCお絵かき (1)
老犬との暮らし (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん