スローライフの日々から

終活してますか

先日の朝日新聞に「終活していますか?」という記事が載っていました。
「終活」「就活」「婚活」「妊活」といろいろな「活」がありますが、

「終活」は、人生の終わりを自分らしく迎えるための準備ということで、している人27%、いいえの人73%でした。

わかってはいるけど、行動に移せないという人が多く、だいたい「終活」という言い方が好きではない、という人が多いようでした。

それでも、「死ぬ前に処分しておきたいものはある?」の問いには 73%の人は「ある」でした。
それは  ①手紙
       ②洋服
       ③写真
       ④日記
       ➄本     という順番でした。
私も「終活」には大賛成ですが、実際やっているかと言われれば、「いいえ」のほうに入るかもしれません。
でも、引っ越しのおかげで、ずい分処分できましたが、あとは、10年来の日記が残っています。

それと、写真もあとみかん箱4ッくらいまで減らすことができました。あと、もう少しかな(*^-^*)

新聞の記事には、「両親が亡くなり、実家の片付けをして、両親がため込んだ物の多さに閉口した」という実例が載っていました。
本人にとってどんな大切な物も、子供や親族にとっては迷惑でしかないものが多いのですね。

今、私はエンディングノートを書きかけていますが、ちっとも進みません。
締め切りがないから、自分を甘やかそうと思えば、いくらでもできちゃいます。

わかってはいるけど、難しいものですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
舞い落ちたもみじが、寒さで霜に覆われていました。


スポンサーサイト

コメント

気になってます

私は両親の人生の終末を嫌というほど見たのに、これと言って
終活はしていないんです。
実家の後片付けを数か月かかって殆ど一人でやって
体を壊しかけたんです。
その時に、嫌というほど思い知ったのに、考えが纏まらなくて
怠け心のままになっています。
やるべきことをやってから、より良い人生を歩みたいという
願いは持っているのですがどうなりますか(^^)

ぼちぼち

終活・・ 私は違和感ないことばです。
急に初めても うろうろと思うので、もう、何年も前から少しずつ、です。
娘がいないので、着物類は姪たちに行きました。
着なくなった洋服も 少しずつ。。

ミス時代のアルバムは、2年前に実家に運びました。
いずれ処分だけど、実家で処分したいので。
貴金属品はないので、安心です。

息子や、実家の家族には 実家の墓に入ると伝えています。
それを書面にする作業はこれからですね^^

譲りたい物

最近考えているのは50年以上ためた書籍、趣味の資料、工具、電子部品で2部屋で約100万点以上あると思いますが、これの処遇法を考えています。寄付、廃棄、売却でどうしようか悩み始めています。

断捨離の先輩

私はお年頃ですから、着々ですねー、1―5までやっています。
うきふねさんと同じで、私も実家の後始末をしてイヤと言うほどその必要性を認識しました。
なるべき身辺をさっぱりスッキリコンパクトに。
中で、難物は写真と日記ですが、ためらいながらも廃棄を繰り返しました。
本は一番ラクでした、素晴らしい良書でも、なかなかもう一度読む機会は…

娘に言われて洋服は随分捨てました
手紙も片付けました
日記は長年付けていますけれど主人が亡くなってから
その書きかけ5年綴りの3年目始末しまして 
今もあのときはどうだったかしらとか
行事迄見る事が出来ないので
その前のは捨てかねています
本も少しずつ片付けています
中々綺麗には出来ません

これから・・・

おはようございます
終活ね・・・人生の終りのしめくくりの準備・・・
私は娘と住んでいますから、要らないものは断捨離してます。
和服は田舎(長岡)にタンスにそっくり置いてあります
処分しようと思います。
やはり身の回りの要らないものは片付けたいと思っています。
これから、ぼちぼちです。気ばらり焦ってます。

終活

ハナコサン~こんにちは

終活ってよく聞きますね
いらないものは減らしていますがそれより物を貯めないようにしています
処分となるとやっぱり心残りになります
そう言う物は一纏めにして解りやすくして置くのも大事かなと思います
後始末は大変ですものね

うきふねさんへ

うきふねさん~訪問ありがとうございます。

そうですか、もう実際に体験されていらっしゃるんですね。
数か月かかって、お身体壊しかけたって、すごい大変なことですね。
怠け心は誰にでもあると思うんですよ。
言うは易しで、実行は難しいですもの。
私も同じです。(^^;)

風香さんへ

風香さん~訪問ありがとうございます。

何年も前から始めていらっしゃるんですね。
着物類は姪御さんたちにいきましたか。
私も着物が一番処分しずらいんですよね。
娘にやろうとしても、今は着る機会がないから、いらないと言われるし・・。
何枚かは、リフォームして、自己流でエプロンに作り直ししてみたりしましたが。(^^;)

貴金属は私もないので安心(^-^)
あっても、すぐ「〇〇買います」っていうお店持って行ってしまいます。♪

そうですか、ご実家のお墓に・・・
私は後継ぎがいないので、故郷のお寺の納骨堂に入ることにしています。
いろんな想いでノートが綴られていきますね。



藤の花さんへ

藤の花さん~訪問ありがとうございます。

50年以上ためた書籍といえば、大変な量でしょうね。
藤の花さんは工具、電子部品などがおありなんですね。
こういうのは、必要な人にとっては、ほしいものばかりなんじゃないでしょうか。
フリーマーケットもいいかもですね。(*^-^*)

明かりさんへ

明かりさん~訪問ありがとうございます。

明かりさんらしいですね「着々」ですね。(*^-^*)
私も本はラクでした。わりと新しいのは、BOOK offへ、それ以外は処分。
手紙もバッサリと・・・。
やはり、難物は写真と日記ですか。同じく~です。(^^;)

実家に行くと、母の部屋はものすごいことになっています。
洋服が壁中にかけてあるし、カバンもいくつあるのってくらい、かかっています。

整理しようものなら、認知症のある母は怒ります。
どこに何があるか、わからなくなるからでしょうねぇ。

いつかまた、整理、処分する日が来ると感じています。


喜美さんへ

喜美さん~訪問ありがとうございます。

洋服などたくさん処分されたのですね。
日記はなかなか難しいですね。
だって、自分のために書いているところがありますものね。(*^-^*)
それにあの時は、どうだったかしら? 等と、見たい時もありますよね。
でも、思い切って処分されたのもあるんですね。
えらいと思います。

さつきさんへ

さつきさん~訪問ありがとうございます。

一度、住まいが変わると、かなりのものを処分できますね。
私も越して来たとき、前の家にあった台所用品の半分は処分してしまいました。
たったこれだけの残った茶碗や鍋で暮らしていけるのかしら~と、思ったことありますが、
何とか暮らしています。(*^-^*)

やはり和服は、着ないのに、相当思い切らないとダメですね。
私も同じです。
まあ、焦らずぼちぼちやりましょう。

れんげさんへ

れんげさん~訪問ありがとうございます。

そうですね、物を貯めないことも大切なことですよね。(*^-^*)
洋服も一枚買ったら、一枚処分・・・すれば、いつもすっきりですね。
言うことはやさしいんですが、実行がなかなかねぇ。
特に思い出のあるものは、難しいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

訪問ありがとうございます

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ハナコおばさん

Author:ハナコおばさん
ご訪問いただきましてありがとうございます。
ハナコおばさんの「ハナコ」は、以前飼っていた柴犬の名前からつけました。
団塊の世代です。

・・・O型、みずがめ座・・・

最新記事

最新コメント

カテゴリ

気まぐれ日記 (248)
水墨画 (5)
風景 (1)
花 (2)
PCお絵かき (1)
老犬との暮らし (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん