タイトル画像

飽食の時代に栄養失調?

2017.05.25(11:48) 242

               (散歩道から)
              


昨日のNHKテレビ「がってん」で、飽食の時代に栄養失調?をやっていました。

国民健康栄養調査の結果から、70歳以上の3~4人に1人が低栄養(栄養失調)の
恐れがあることが分かったというのです。

ずばり、それは「たんぱく質」の摂取不足。

↓の表の「10食品群チェックシート」。
一日にこれだけの食品の中から、7っ以上摂る食生活がいいとか。(*^-^*)

        IMG_0020_2017052511175948a.jpg

自分の食生活はどうか、考えてみると、だいたい摂っているなァ~という感じ。(*^^*)
もしかしたら、ちょっと足りないのは、果物かも…。


私の母は昔から食事には無頓着な人でした。
粗食がいい…なんといっても粗食が一番、そう言っていたのです。

乳製品等を摂っているのは見たことありません。

だから認知症に、ということはないと思いますが、肉はほとんど食べず、
魚もたま~に食べるくらい。
あとは野菜と漬物……。

若い頃から病気もしたことはなく、定期検査もほとんど受けませんでした。
手先が器用で編み物をし、身体を動かすことが大好きな母でした。

もし、ここにタンパク質を摂っていたら、もっと元気な94歳になっていたかもしれない。
もう、遅い……たら、れば、を考えてみても、仕方ない事。(^^;)


でも、食事の管理ができるのは、食べてくれる人がいるから、かもしれない。
ひとりになったら、面倒になって、やらなくなるかも……。

とにかく、今できることをやろうと思う。(*^^*)
人間、そんなに100%完璧にはできないもの……。




スポンサーサイト


スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
タイトル画像

再び、実家へ行ってきました

2017.05.16(17:00) 241

(散歩道から)



67歳で亡くなった、義妹の49日と納骨で、また実家へ行ってきました。
2月にガンが見つかって、3月に亡くなりました……早すぎます。

母はショートステイに入っています。
行ったその日、母に会いに行きました。

広場?のような大きなテレビのある所のソファで、ひとり座っていました。
声を掛けると「あれ?どうしたの?」と、不思議そうな顔をします。

明日は納骨で…と、話しても理解できないようです。
お墓に行くの、というと「ああ、お墓ね、いいね」と、言っていますが、
しばらくすると、「どうしたの」を繰り返します。

お土産のお菓子(母の好きだったひよこ)を持って行ったのですが、箱に入っていると、
何だか理解できないようで、2日後にまた、ホームに会いに行ったのですが、
箱は開けられず、そのまま忘れられていました。


全員で納骨を済ませ、会場に戻ってお斎が始まります。
席が決まっていて、私の近くには親戚が座っています。

坊さんにもご挨拶を、と思い、ビールビンをもって坊さんの席まで行き、
今日のお礼を言い、さ、さ、飲んでください、と、まずビールを注ぎます。
日本酒の好きな坊さんなので、また徳利を取りに行きます。


そして、あとは親戚の人たちと、お喋りしながらの飲食です。
家は、みんな車で10分~15分ほどの所です。
この人たちは全員大酒飲みです。
でも、1人だけノンアルコールを飲んでいました。(きっと運転手でしょう)


その日の夕食のとき、跡取り(弟)と2人だけ……。
弟はホッとしたのか、焼酎のお湯割りがすすみます。

そして、雲行きがあやしくなってきました。
なんで、全員にお酌をして回らなかったのか、と怒り出しました。

弟は、お坊さんだけではなく、全員にお酌をして回らなかった、
私の気が利かなさを怒っているのです。

喪主は自分の席を温めるな、といわれるくらいお酌に回らないと
いけないというのです。

まあ、私も気が利かなかったんでしょう。
でも、それなら最初にちょっと言ってくれればいいのに…と、思いながら、
お酒を飲まない私は、じっと聞いていました。(心の中はおもしろくありません)

浄土真宗(大谷派)、田舎の付き合い……
20歳くらいで、故郷を離れた私は、知らないことばかりです。


帰りの新幹線の中、1人おやきのやけ食いデス。

                IMG_0013_20170516155859162.jpg   IMG_0014_20170516155900680.jpg

3月から故郷(実家)を3回往復しました。

冠婚葬祭は、年金生活者にとって、多額の出費です。
子供のいない弟は、私を呼ぶしかありません。

今度は94歳の母の番かな?
そう思いながら、いや、私の番かもしれない、人生マサカのサカがあるものね。

その時は、弟や親戚は東京まで来てくれるのかなァ・・・・
私は、自分の時は直葬で構わない、と、思っている。

             yjimageXS3QHHA4.jpg



スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(12) | [EDIT]
タイトル画像

もう、限界…

2017.05.06(17:08) 240

               (散歩道から)
          


GW、孫と遊んでもらえない爺婆は、毎年恒例のオヤジバンドへ行きました。
お目当てはベンチャーズの曲です。

ところがプログラムはホールに入場するまでもらえないので、曲の順番が分かりません。
ベンチャーズだけ聴いて帰ろうね、といっていたのが、
このグループは最後だったのです。

仕方ないから最初から聴いてみるか、ってなことで
聴いていたら、最初は矢沢永吉のカバー曲のグループだったのです。


             yjimageRTEO5N4D.jpg

けたたましい音と共にロックバンドが、これでもかとばかり、
リードギター、ベース、ドラムが耳をつんざくような音を出し、
赤や青の光が会場をせわしく照らします。

ボーカルの人は、この日の為に作ったという真っ白な
スーツ姿でスタンドマイクを倒しながら歌い出します。

一番前の席にいたシニアのオジサンは、バスタオルを肩から掛けて、ひとり踊っています。
(楽しそう)
そのうち、前の列の人全員で、歌に合わせて、タオルを一斉に上に放り投げ始めました。

なぜタオルを投げるのか、さっぱりわかりません。(^^;)


ちらっと横に座っている夫を見ると、下を向いて目を閉じています。(耐えている…)
あ~~、もうヤバいかもね(*_*;

私より6歳年上の夫は、好きな曲といえば、フランク永井とか松尾和子、この場にいるのが間違っています。(≧▽≦)
ベンチャーズだけは好きなのです。

耳の近くで「どうする?出る?」と、大きな声で言うと、すぐに席を立ち、出口に向かいます。

あ~あ、もう限界かァ~.。o○

どちらかいうと、私もロックはあまり好きじゃないけどね。

それにしてもなぜタオルを放り上げるのか、分からないので、
ネットで調べたら、永ちゃんがライブの時に、実際に肩に掛けて熱唱しているタオルがスペシャルビーチタオルというそうです。

永ちゃんと同じタオルを手にする快感がファンにとってはたまらないそうです。
ライブで、タオル投げが恒例のパフォーマンスとなったらしいですね。

           yjimageQ8J4N8G0.jpg



そんなもんですかね。(^^ゞ

GWのある日の出来事でした。(*^^*)




スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]
2017年05月
  1. 飽食の時代に栄養失調?(05/25)
  2. 再び、実家へ行ってきました(05/16)
  3. もう、限界…(05/06)