スローライフの日々から

故郷の母に会って…。

(散歩道から)
IMG_0025_20161026162531fd2.jpg


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


故郷、信州に住む母に会いに行ってきました。
background-free35.jpg

母は93歳。認知症です。
とても元気そうで、いい顔をしていました。
でも、私を見ても「ああ、こんにちは」と、言って、ニッコリ笑いますが、
娘のワタシを見ている目ではないと、直観的にわかります。

誰かわからないけど、親しい人が来たな?そんな感じです。
0-37.jpg

要介護1なので、食事も排せつもまだ一人でできますが、
外は歩けません。
家の中は「ヨッこらしょ、ヨッこらしょ」と言いながら、一歩いっぽ、歩いています。

一週間に4回、ディサービスに行ってます。
「ディサービスは、どう?」と、聞くと、楽しくて、楽しくて仕方ないと笑顔で答えます。

8299614a93a12b8b008d665477c162c5.jpg

孫の名前も忘れ、もちろんひ孫の名前も忘れ、肝心の娘の名前も思い出せないようですが、
「誰だか、わかるぅ?」と、聞くと、自分の姉妹と私の名前を、棒読みに言います。
でも、目の前のワタシが、そのうちの一人、というのが、理解できないようです。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

母は、早くに自分の母親を亡くし苦労しましたが、性格は活発で積極的、病気一つしないで、
健康でエネルギッシュな人でした。
逆に、私は病気がちで、静かに本を読んでいるような子供でした。

それが母から見て、私は「のろま」に見え、母をイライラさせたのだと思います。
母との確執はずいぶん続きました。

20歳前に横浜に出てきた私は、そこで仕事に就き、結婚しました。
その結婚相手が母には気に入らず「二度と実家の敷居はまたぐな…」とまで言われましたが、
孫ができてからは、何となく行き来するようになりました。
(実家出産もできませんでした)

父は、母が55歳の時、他界しました。
母は70代、80代と、地元の婦人会で、大いに活躍したようです。
(後で、写真で知りました)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

その母が今、目の前で、ただニコニコ笑っています。

05kakawarikata.jpg

子供のいない、跡取り夫婦と暮らしていますが、お嫁さんには、ゼッタイ服従です。
これだけの気性の人でも、お嫁さんに逆らってはいけない、
というのが、頭のどこかで、分かっているのだと思います。

もちろん、私もお嫁さんには、深々と頭を下げて「よろしくお願いします」と、言って帰ります。


今はいろいろな人生があり、生き方もいろいろですが、
もし、子供がいたら、女の子はなるべくなら、近くに住んでもらいたい、と、勝手なことを思います。


これは親のわがままでしょうか。
そして、私は親不孝な子でしょうか。

IMG_0020_2016102716553703a.jpg
(善光寺)



スポンサーサイト

大失敗

(散歩道から~もう、ツワブキの花が咲いていました。)


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

いつもの散歩コース、途中“〇亀うどん”があります。
その日は涼しかったので、あったかいうどんでも食べようと、入りました。

混んでいて、入り口の外まで、列を作って並んでいます。
私も並んで、やっと中に入り、メニューを注文して、順番にトレーを持ち、
うどんや、好みの天ぷらを取ります。

udon_kitune01.jpg
11357802.jpg

社員食堂のように、カウンターの上にトレーをのせ、順番にお会計に向かいます。
前の人のトレーが進まないと、後ろも人もつかえてしまい、結構気を使います。

やっと、お会計が済んで、私は、リュックとお財布を左手で持ちながら、
右手でトレーを進ませました。

ちょうどそこから、カウンターは90度に曲がっていて、右手で進ませたトレーは
カウンターから少しはみ出してしまったのです。

その時、丼と、うどんの重みで、私のトレーは、そのまま床に真っ逆さま ((((;゚Д゚)))))))
ガシャッ!! 
鈍い音と共に、トレーごとひっくり返してしまいました。(≧▽≦)

床には、マットが引いてありましたので、丼は割れませんでしたが……
「あ゛~~、どうしよう…」

頭が真っ白になりました。(;゜0゜)
真っ白ということは、他の雑音が聞こえなくなり、独りの世界に入り込みます。

「どうしよう……」ただ、助けを求めて、必死でカウンターの中の従業員さんの方を見ました。

すると、忙しいはずのレジのお姉さんが、すぐ来てくれて、
「大丈夫ですよ」と言って、ひっくり返っているものを全部ササッと拾い、
「ちょっとお待ちくださいね」と言って、手早く片付けました。

「すみません」「申し訳ありません」としか言えない、バカなワタシ。(;´Д`)

ある人はトレーを、ある人は新たなうどんを、ある人は新しい天ぷらを、
従業員さんたちは、連携プレーで、手早く、素早く用意してくれました。

その対応は本当に有難かったです。

〇亀うどんさん、その節は本当にお世話になりました。(*´v`)
ありがとうございました。

美味しいうどん、これからもよろしくお願いします。ヽ(´∀`)ノ

019109.jpg

後でよくよく考えると、なんて恥ずかしいことをしてしまったのか、と、
穴があったら、入りたいくらいです。(;д;)


ふるさと

(散歩道から)


今日は、カラッとした秋らしいお天気になりました。(^^♪

いつものように、ゆっくり歩きで、散歩に出ましたら、
橋の下で、ハーモニカを吹いているオジサンがいました。

大きな鉄骨の橋ですので、音が響きます。(いい音です)♪

♪うさぎおいしかの山~~~♪♪

“ふるさと”のようです。

オジサンは、身体を揺らして、ムード酔いしれているみたい……^_^;
すごく上手なんです。(*^-^*)

しばらくポツンと突っ立って、聴いていました。

“ふるさと”かぁ、もうどのくらい帰ってないのだろう……。

IMG_0008_20161007161110c38.jpg

ふと、思い出しました。

「ふるさとは遠きにありて思ふもの」
あの、室生犀星の有名な詩ですね。

ワタシの単純な脳細胞は、若い頃、これは望郷の歌だと思っていました。
でも、違うんですね。


yjimageTWRHCR2N.jpg

ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや

l-donguri.jpg

ふるさとに帰りたいけど、そこにはもう自分の居場所はないのだと断念して、
都会に帰る歌だったんですね。

この年になると、意味がよ~く分かります。
明治時代のお話しらしいので、今とは事情も違うでしょうけど…。

今は、ふるさとが懐かしくて、帰っても、風景が違って、
まるで知らない街へ来たように思うときがあります。
建物も、道も分かりません。

ただ、山や河だけが昔と同じのには、ホッとします。
懐かしく思うのは、自分が子供の頃の、あの時代のふるさとなんですねぇ。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ワタシの母は今93歳、そろそろ顔を見に行こうかな…。
認知症で、ワタシの顔を見ても分からないと思うけど (;´Д`)

跡取り夫婦と一緒に暮らしていますので、その点は安心ですし、
感謝しています。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

いつまでも突っ立って、オジサンのハーモニカ、聴いているわけにもいきませんので、
ちょっとお礼をして、立ち去りました。
オジサンもハーモニカを吹きながら、ちょっと頭を下げたようでした。^_^;


骨密度

(散歩道から)


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今日は暑いくらいの日で、夏日?といってもいいくらい。
近くで、フェスティバルをやっていたので、ブラブラと行って来ました。

絵画展、ミニコンサート、フリーマーケット、新鮮野菜の販売、その他いろいろな催事がありました。
私のお目当ては、骨密度測定と、歯周病のチェックです。(無料)(^^;)

超音波測量測定装置を使って、足のかかとでチェックです。
結果は、平均、骨年齢60歳代、判定区分は“注意”でした。

何だ、あまりよくないじゃん、というのが感想。(*´з`)
骨年齢60代といっても、60歳と69歳では、受け取り方がずい分違いますよね。

同性の若年成人平均値と比較すると、73.1%というので、やっぱり平均なのねぇ……。^_^;
そして、カルシウムを一日800mgを目標にとりましょう、と、説明を受けてきました。

そうそう、歯周病チェックは陰性でした。♪

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

フリーマーケットの周りは、人混みでいっぱいです。
子供の服が多いようでした。♥

ふあふあクジラの周りも子供たちでいっぱいです。(*^^*)
ふあふあクジラは、大きなクジラの形をした風船のようなもので、中に入って、
トランポリンのように、子供たちが跳ね回るお遊びです。

孫が小さい時は、よくせがまれて、このふあふあクジラに連れてきました。
今では、見向きもしない年になりましたが。(´・_・`)

こういう所は、子供と一緒に来るものだと思っていましたが、
孫も大きくなると、1人で来ることになってしまいました。(^^;)

あの頃が懐かしい想い出になりました。

      

 | HOME | 

文字サイズの変更

訪問ありがとうございます

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ハナコおばさん

Author:ハナコおばさん
ご訪問いただきましてありがとうございます。
ハナコおばさんの「ハナコ」は、以前飼っていた柴犬の名前からつけました。
団塊の世代です。

・・・O型、みずがめ座・・・

最新記事

最新コメント

カテゴリ

気まぐれ日記 (253)
水墨画 (5)
風景 (1)
花 (2)
PCお絵かき (1)
老犬との暮らし (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん