タイトル画像

地方移住?!

2015.06.30(17:35) 141

確か先週だったと思いますが、NHK特報首都圏で「なぜ、今、地方移住か」という番組をやっていたと思います。
首都圏に住む私としては、ちょっとびっくりです。

10年後の東京圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)では、急速に高齢化が進み、医療、介護危機が訪れるというのです。
そのため、有識者で「日本創成会議」というのをつくり、国も高齢者の地方移住促進を、後押ししているという内容でした。

75歳以上の高齢者は、2025年までの10年間で175万人も増えるというのですねぇ。(*_*;
東京では現在でも、特別養護老人ホームへの入居を待っている高齢者が、4万人を超すというのです。

何だか、お先真っ暗状態.。o○
高齢者の受け入れ体制が整っている、41地域を候補地として挙げているんです。

具体的には、北海道の帯広市や釧路市、鳥取県の米子市、福岡市、熊本県の八代市など・・・・
他は分かりません。

我がふるさと信州は入っていませんでした。
それにしても、この方針には、賛否両論あるでしょうし、受け入れる自治体の都合もあるでしょう。

住み慣れた我が家で・・・・というのは、どうなっちゃったんでしょう。
元気なうちから地方に引っ越し、将来、介護や医療サービスも受けるという後押しがあるのでしょうか。

旅行に行く訳ではないですからね。(>_<)
非常に難しい問題ですよね。



散歩道で撮りました。

スポンサーサイト


スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(10) | [EDIT]
タイトル画像

眼科定期健診

2015.06.27(16:42) 140

眼科の定期健診に行ってきました。
眼圧11と13、まあまあの数字です。(*^^*)

白内障のほうは、日常生活に不便を感じたら、もういつでも(手術を)やれますから・・・・と。
先生はおっしゃいます。

遠くが見ずらいので、常に不便は感じていますが、近くのものは、ハッキリ見えますので、こっちのほうが、便利なんですよね。
例えば、スーパーでの値段や、パックの裏側に小さく書いてある添加物などや、薬の箱の裏側の説明など、とてもよく見えるので、
こちらの便利さが優先されてしまいます。

もし、手術で中距離の眼内レンズを使用すると、近くのものが、見えなくなるのが不便なんです。
近距離のレンズだと、中距離や遠距離はメガネということになります。

多焦点レンズというものがあるそうですが、お値段が高くて・・・・(^^;)
ホントに日常生活に不便を感じるまで、手術はもう少し伸ばそうかなぁ、と、思っています。


☆散歩道で撮った紫陽花の写真をまとめて、ムービーにしてみました。
よかったら、↓をクリックして下さいね。(You Tubeです)

 ・・・紫陽花・・・



スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]
タイトル画像

そうだったの?

2015.06.20(17:00) 139

昨日はほとんど一日中雨だったので、久しぶりにゆっくりPCの前に座りました。
おもしろいサイトに出会いました。
もう、ご覧になっている方もいらっしゃると思うのですが。

アンケートからの質問で、男性たちから「どうして女性はいきなり怒るのか?」 という質問があったそうです。
楽しそうにしていた(ように見えていた)のに、いきなり女性が怒り出し、しかも、この場と全然関係ない怒りや不満も、次々と持ち出してきて、なぜ、こうなるのかわからないというのです。

そういえば、私もそうでした。(^^;)
些細なことがきっかけでも、何十年も前の恨み、辛みを出して来たりして・・・・

ちょっと次元が違いますが、熟年夫婦が、妻に離婚をいきなり切り出されて、夫があわてふためて「なぜだ?」なんて、こともよく耳にしますよね。

怒りや不満のため方が、男女では全く違うからなのだそうです。

【男性】は、不満を溜める小さなバケツをいくつか持っている
【女性】は、不満を溜める大きなバケツをひとつだけ持っている
これが原因とか。

男性は、その小さなバケツに小分けして、怒りや不満をひとつひとつ入れていきます。
ひとつのバケツにひとつだけなので解決もしやすくおさまるようです。

ただ、あまりにバケツがたまると、いつもブツブツいうようになったり、イライラするようになり、何をやってあげても満足しなくなるようです。
怒るときにも、「なんで、食事の準備ができていないんだ」と、わかりやすくシンプルです。

女性は、大きなバケツに、怒りも不満も過去も悲しみもさびしさも、何もかも、とにかく全部入れ込んでいきます。どんどんどんどん、あれもこれも……限界が来るまで……

このバケツがいっぱいになったとき、過去のことから今までの怒りや不満が、次から次へと吹き出すのです。あまりにあれもこれもと出てきてしまうらしいです。

あふれすぎて、もうどうしようもなくなると……もう耐えられない、とか、別れよう・・・とか、いきなり「最後通牒」をつきつけることになってしまうようです。

なぜ、こんな違いがあるのでしょう。

簡単にいうと、男性の脳の傾向は、左脳、右脳のどちらかを使うことが多く、これはこっち、これはこのバケツとひとつずつ区分けし、整理するのが得意とか。

女性の脳は、脳梁が太いので、左脳と右脳の行き来がしやすく、瞬時にいろいろな事が考えられ、さらに、記憶も行動も感情(悲しい、さびしいなど)も瞬時に結びつきやすいとのことです。

解決策は、話し合うとか、相手の話をよく聴くとか、いろいろあるようですが、私の場合、もうこの年ですから、ひとつだけのバケツはいつも満杯・・・・底に穴をあけて、不満を少しずつ漏らしています。(*^^*)

今さら、重い大きなバケツを持っていたくありませんわ。.。o○





スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]
タイトル画像

写真・・・

2015.06.14(16:58) 138

前回のブログ、コメント欄の設定をうっかり「表示しない」にチェックを入れてしまったようです。
せっかく訪問して下さったのに、申し訳ありませんでした。 

今度は、うまくいったかな? と、思い、散歩道からの写真を載せてみました。
コメント欄表示されていますよね。 (*^^*)



小さな小さな花です。名前は分かりません。
IMG_0013.jpg
 

IMG_0017_201506141645309cf.jpg



スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(14) | [EDIT]
タイトル画像

笑うからおもしろい・・・・

2015.06.13(17:11) 137

斎藤茂太氏著の本をパラパラとめくっていたら、こんなことが書かれていました。

「人は悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しいのだ」
アメリカの学者が言ったということです。それに従えば、
「人はおもしろいから笑うのではなく、笑うからおもしろいのだ」と、いうことになる、と・・・・。

そういえば、私は最近笑っているかなァ~、ふと考えました。
テレビのお笑い番組は、私は好きなのですが、つれあいが好きでないので、ほとんど観ません。

でも、ここで言う「おもしろい」は「面白い」と、書かれていないので、ワハハッ・・・と笑う面白さではなく、(それも含まれているかもしれませんが) 心豊かに、とか、しあわせな気分になる・・・と、いう意味のように思いました。

悲しくつらいときも、写真を撮るときのように、口をチーズ~と言うように微笑んでみると、楽しい気分になるのかもしれません。
まず、笑ってみること・・・・簡単そうだけど、けっこうむずかしそうですね。

日本人は、ジョークが下手で、ユーモアのセンスに欠ける民族と言われているようですが、江戸時代を振り返ると、
笑いを不まじめなもの、笑うことを恥とする武士階級が、長い間支配してきて、明治以降の男たちに引き継がれて、また軍隊でも
引き継がれてきたことがあるようです。



文化だから仕方ない、と、あきらめないで、いつも微笑みを持って、暮らしていきたいものだと思いました。
笑っていれば、楽しい気分になる・・・・さあ、実践してみようかな~~~(笑)


(柿が小さくひっそりと、秋の気配を遠慮がちにただよわせていました。)

IMG_0003_20150613162255220.jpg




スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

母の認知症

2015.06.10(17:14) 136

92歳になる実家の母は認知症の初期です。
要介護1です。

先月、跡取り夫婦の旅行のため、その母と5日間過ごしてきました。
去年秋には、私のことを「お前」と呼んでいましたが、今回は「あんた」になりました。

実は認知症も初期であるし、K子さん(嫁さん)から、その様子は、だいたいのことしか聞いてなかったので、認知症について、なんの知識もないまま留守番に行きました。

ところが、去年の秋とは大違い。
2、3分前の、言動、行動は忘れてしまいます。

同じことを何度も、何度も、何度も・・・・・・・繰り返し言っています。
週に4日、デイサービスに行くので、助かります。

入浴介助、洗髪介助、みんな受けています。
入浴しても、着替える、という感覚はないようですので、デイサービスの職員の方に、こっそり着替えを持って行ってもらいます。

旅行に行った当日、2人はどこへ行ったんだ、いつ帰って来るんだ・・・と、少し混乱しているようで、いくら説明しても分かってもらえません。

いつも、机の上にカレンダーがあって、何日にどこへ行く、いつ帰る、等々全て書いてありますが、字を読んでいますが、
その内容までは、わからないようです。

家にいる時は、テレビはほとんど見ません、ラジオもただ、音が流れているだけです。
家の中の移動は、やっとできますが、あとは車いすです。

跡取り夫婦が旅行に行った初めの2日間は、夜遅くまで、K子さんはどこだ、どこだ・・・と、落ち着かなく、焦った行動をしています。
そして、「あんたは、いつ帰るんだ」と、何回も、何回も・・・・。

一番怖いのは、火でした。
朝、5時に起きる母は味噌汁を作るんだと言って、ガスをつけます。

私がいない時は、K子さんが作ります。いつもの習慣です。
でも、私に変わって、信用できないのでしょうか、それとも、元気だった頃の母に戻っているのでしょうか。

ある朝、起きたら、ガスは点けっぱなし、鍋のお湯はグラグラ煮えて、もうガスは半分消えています。
それを目の前にしても、私は火は点けていないよ、と、言っています。

その次の日から、私も5時に起きて、母を見守ります。
その時、たまにしか会わない、私では、ダメなんだ・・・と、わかりました。

認知症の人は、いつも側にいる人がいないと、パニックのようになるんだ、と、わかりました。
私は、だんだん追い詰められていくような気持ちになり、自分の心が沈んでいくのが、よくわかりました。
これで、初期の症状というのです。

結局、跡取り夫婦が帰ってから、旅行の楽しみに浸っていたK子さんの気持ちも考えずに、私は、セキを切ったように、5日間の出来事を話しましたが、あまり信用してくれない様子でした。

なぜって、2人が帰ってからの母は、いつもと変わりない落ち着いた日々を過ごしているからです。
そして、娘が来ていたことを、すっかり忘れているようだ、と、あとでK子さんに聞きました。

書きたいことは、まだたくさんありますが、このへんにします。
人間って、どうしてこうなるのでしょう。
哀し過ぎます・・・・・・・こわいです・・・・・・。



IMG_0033.jpg








スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(12) | [EDIT]
タイトル画像

情報流出

2015.06.04(17:17) 135

日本年金機構がサイバー攻撃を受け、公的年金の受給者や加入者の個人情報が大量に流出してしまいました。
125万件というので、他人事ではありません。
自分もこの中に入っている、と、思ったほうが間違いないかもしれません。

前身は社会保険庁、過去にも消えた年金問題など、いろいろありました。
日本年金機構を作ったのは、年金事業に対する国民の信頼回復をすることが、目的でしたよね。

これに加えて、来年始まるという「マイナンバー」制度。
これらの情報が誰かに盗まれ、悪用されたらどんなことになるのでしょう。

すでに、年金機構の職員をかたる不審な電話などが、各地で相次いでいるようです。
今でさえも多くの詐欺があるのに、不安はますます広がっていくでしょう。

自分の情報が漏れたかどうか、確認できるという、専用の電話相談窓口が、新聞に載っていましたので、掛けてみましたが、ず~~っとお話し中で、繋がりませんでした。

いやな世の中です。


(散歩の途中で撮りました)


ayame_20150604163309bb8.jpg




スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]
2015年06月
  1. 地方移住?!(06/30)
  2. 眼科定期健診(06/27)
  3. そうだったの?(06/20)
  4. 写真・・・(06/14)
  5. 笑うからおもしろい・・・・(06/13)
  6. 母の認知症(06/10)
  7. 情報流出(06/04)