スローライフの日々から

母のこと・・・

長野に住む92歳になる母に会いに行ってきました。(*^-^*)
長い間のご無沙汰です。

長野へ一人旅です。(旅というほとのものではありませんが・・・)
往きはゆっくり高速バスで、帰りは新幹線でした。

母は明治生まれの女のように強くて、厳しい人でした。
私の小さい頃から躾けは厳しく、ずっ~と母との間には確執のようなものがありました。

それが決定的になったのは、私が母の気に入らない人と結婚したからです。
それ以来、故郷長野に帰って来るなと、言われてきました。

そして、今、母は壊れたレコードのように、同じことを繰り返し言っています。
(レコードは古かったでしょうか(^^;) )
受け答えは充分できますし、食事などは自分でできています。

でも、言ったこと、聞いたこと、5分もすれば、全部忘れてしまいます。
週3日のデイサービスをとても楽しみにしています。

私のことは、覚えていますが、私との間のことは全て忘れています。
だから、母との会話は、その瞬間、瞬間、楽しいことばかり話します。

「今の年寄りはしあわせだ、ワタシはしあわせだ、嫁姑の間もとっても上手くいっていて、ワタシはしあわせだ。」
と、いうのが、母の口癖です。

嫁さんがどう思っているか、周りがどう思っているか、母の頭には何もありません。
毎日が楽しい・・・と、明るく笑ってばかりいます。

その横顔を見て、母が可愛くなりました。
複雑な思いですが、母の笑顔に救われます。




長野は紅葉がきれいでした。

nagano-2.jpg



スポンサーサイト

箱根の秋

箱根の仙石原です。(*^-^*)

「仙石原」と呼ばれる説はいろいろあるようですが、一説には、
源頼朝が雄大な原野を眺めて
「この地を開墾すれば米千石はとれるだろう」と言ったことから、仙石原と言うようになったとか。



仙石原

↓ 箱根湿生花園で撮った写真をまとめてみました。



「とっくりセーター」と「タートルネック」

今日は、11月初旬の寒さということです。
そろそろタートルネックが着たくなりました。

私は首まわりが広く開いている服は、寒くて苦手です。
冬はいつもとっくりセーターかタートルネックです。

でも、今は「とっくりセーター」ってあまり言わないですね。
何でも、「とっくり」は、お酒を飲むときの「徳利」の形からきているみたいです。

首のところから2重に巻くセーターのことをいうようです。
そういえば、昔の徳利って、筒状の受けがありましたよね。

ちなみに「タートルネック」は、亀の首、首がスポっと隠れる形のものをいうようです。
タートルはセーターだけでなく、他の生地も含むけど、とっくりセーターはタートルのセーターだけをいうとか。

「ハイネック」は折らない程度の長さで、「オフタートル」は折り返す襟がダラーンとした大きな襟を言うようです。
時代と共に色々な言い方があって困っちゃいます。(^^;)

私などは、「とっくり」が一番、ピンと来ます。
「ズボン」「パンツ」「ボトム」「スラックス」・・・・みんなファッション業界からきた言葉だといいますが、
「パンツ」といえば下着だと思っちゃいますし、「ズボン」がやっぱりピンとくるのは、時代遅れでしょうか。(*^-^*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
PCお絵かきです。

oekaki-9.jpg









大腸内視鏡検査

以前にも書いたが、主人は幸いにも大腸ガンの早期発見、早期治療だった。
同じ食生活しているので、私も “もしや” と思い、大腸内視鏡を受けた。

思い切ってやる決心をしたが、それまでが大変・・・(;´Д`)
ああでもない、こうでもないと、不安ばかりが先に立って・・・時は無情に過ぎて行き、やっと終わった。

結果は異常なし・・・・・あ~よかった! ホッ・・・(*^-^*)

医者からもらった粉薬を、2ℓの液体に作り、朝7時頃から飲み始めた。もちろん朝食も昼食もなし。
2時間以上かけて、ゆっくり飲み切らなければならない。
コップ一杯をだいたい15分くらいかけて飲む。

レモン味と塩味が入り混じったような味なので、昔に比べれば、ずいぶん飲みやすくなっているようだ。
最初は結構飲みやすかったが、最期の5杯くらいは、きつかった。

一口飲むたびに、ポカリスエットをちょこっと口にすると、飲みやすいので、これから飲む人はそうするといいと思う。
頑張って、朝9時半には飲み終わり、検査時間の午後2時半までじっと待っている。(つらい・・・)

この間、水やお茶、飴玉はなめていいので、助かる。
で、歩く元気もないので、タクシーでクリニックまで行った。(^^;)

以上がこの検査のひと仕事。(きつかった~)
あとは先生にお任せ。(*^^*)

でも、検査している最中は、時々お腹が痛くなる。
なぜ?? 大腸はお腹の中で曲がっているからだ。

終わった時はホッとして、うれしかった。
検査って、何でもないのに、わざわざ苦しい思いをしなければならない。(;´Д`)

長年、同じ食生活をしても、私は何でもなかった。
やはり個人差、体質があるんですねぇ。

これから検査を受ける人、頑張ってください。


女性が輝く社会

安倍内閣は「女性が輝く社会」の実現に向けた取り組みを本格化させるという。
それも「すべての女性が輝く社会づくり本部」を設置するというのだから、すごい!!

でも、すべての女性って、幾つぐらいまでのことを言っているのだろう。
生産年齢ってことだろうか。

具体的にどう輝くことを言うのだろう。
家事や子育てなどの経験を生かした再就職や、個性と能力を十分に発揮できるよう環境整備を進めていくというが、
私の年代になるとまったく関係ないような気がする。
なのに「すべての女性」と言っている。

私は、娘が1歳と10ヶ月から大学卒業過ぎまで、フルタイムで働いていた。
今、たくさんの自由な時間がある中で、時々散歩の途中、幼稚園の園児のお散歩や、ママさんと仲良く歩く幼児など見かけると、娘に申し訳なかったと、悔やむことがたびたびある。

私には、そういう思い出があまりない。
いつも忙しく、子供とゆっくり散歩したり、遊んでやった思い出がない。

この年になって、なんと悲しくて、悪かったことかと悔やむことがある。
夏休みや冬休みは、田舎の私の母に預けていた。

娘が結婚して以来、専業主婦になっているのは、母親のいなかった淋しさを、自分の子供に味あわせたくないからではないかと、時々身にしみて思う。

ただ、働くことでは充実した生活だったと思うが、心の片隅には後悔も残っている。
光のある所には、必ず影ができる。
「女性が輝く社会」の影もまたあるような気がする。




 | HOME | 

文字サイズの変更

訪問ありがとうございます

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

ハナコおばさん

Author:ハナコおばさん
ご訪問いただきましてありがとうございます。
ハナコおばさんの「ハナコ」は、以前飼っていた柴犬の名前からつけました。
団塊の世代です。

・・・O型、みずがめ座・・・

最新記事

最新コメント

カテゴリ

気まぐれ日記 (253)
水墨画 (5)
風景 (1)
花 (2)
PCお絵かき (1)
老犬との暮らし (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん