スローライフの日々から

ご葬儀場の見学

大手会社のご葬儀場の見学に行ってきた。
もちろん自分たちのために。
ちょっと早いかもしれないが、それもありかなと思って。
(#^.^#)

同じような年代の人たちが多いので、まずびっくりです。
ご葬儀の種類や流れはとても丁寧に説明して下さった。

でも、自分の葬儀はこうしたいという希望があるので、細かなことは、個人別に相談に応じてくれた。

地方のように慣習などに従って行うところも多いと思うが、私のようにシンプルに家族だけで、という希望が最近は
とても多いらしい。

それに海へ大地へと還っていく「自然葬」の希望も多く、この会社ではそのためのクルーズまで所有しているという。

ヘリコプターによる海の自然葬とか、戒名はいらないとか、時代もずいぶん変わってきている。

値段のほうは、一式いくらとなっていて、あとはオプションでその値段に追加される。
それはどこもあまり変わらないようだ。

痴呆になって行方不明になっても、どこかのホームでしっかり生きていかれる日本なのだから、ご葬儀もいろいろあることだろうと思う。

一応、私の願うやり方もできるようなので、あとは娘に伝えるだけ(#^^#)
・・・・・・残しておくのは、やっぱりお金なんだな。(*^^*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前描いた水墨画です

スカシユリ
すかしゆり


スポンサーサイト

眼科

何日か前から、いつもの目薬を点すと、右目がとっても痛い。
2ヶ月に一回は眼科に検査に行くので、そのついでに診てもらったら、キズができていた。
そんなにひどくはないらしいが、1日4~5回点す目薬をもらった。
緑内障と白内障を持っているので、ただでさえ目は心配なのに、またキズができてしまった。

日記を見ると去年の今頃もやはりキズができていた。
先生曰く、今頃の季節から10月頃までは、ドライアイが多く、そのためにキズができることが多いという。
湿気が多い季節だけど、風や扇風機、エアコンは注意したほうがいいよ、と説明してくれた。

まだ、扇風機もエアコンも使ってないが、なぜかなと思う。
「ドライアイ」をパソコンで検索してみると、こうしてパソコンを見つめているのも、瞬きが少なくなるので、目にはあまりよくないらしい。
年と共に何事もほどほどにしたほうがいいのかな・・・(^-^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以前描いた“江の島”です



深夜のひとりごと

何年か前、深夜、目覚めたとき、NHKの「ラジオ深夜便」からこの曲が流れていた。
淋しさの中に、ホッとする安堵感、そう、これでいいんじゃない? いいのよ・・・・後悔ばかりする人生が、妙に納得できてしまうような、そんな気持ちになった。

大好きな五木寛之氏の作詞ということもあって、しみじみと、聴いていた。
人生も終盤に近づこうとする、年齢にぴったりの詩のせいなのだろうか。

 あの時、ああすればよかった、こうすればよかった、そしたら、今はこうなっていたに違いない。そんなことを思ってみても、いまさら何になるのだろう。
還らぬ季節は、もう忘れよう。
これから行く道を見つめて、どんなに小さな喜びでも、大切にすることがこれからの生き方なのかもしれない。


夜 明 け の メ ロ デ ィ
                 作詞 五 木 寛 之 
                 作曲 弦   哲  也
                 歌  ペ ギ ー 葉 山
朝の光が さしこむ前に
目覚めて 孤独な時間が 過ぎる
あの友は あの夢は 今はいずこに
※ 還らぬ 季節は もう
忘れてしまえばいい
すてきな 思い出だけ 大事にしましょう
そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー

花のいのちは 短いけれど
重ねた 歳つき 背中に重い
歓びも 悲しみも みんな人生
※ 愛して 別れて また 
どこかで 逢えればいい
ちいさな幸せでも 大事にしましょう
そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー
 (繰り返し)
そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー
 夜明けのメロディー




☆ よろしかったら↓からお聴きくださいませ。



撮影

散歩の途中、偶然、撮影? ロケ? の場面に出会いました。
この辺りは、たま~に何かの撮影をしています。
この前はコマーシャルの撮影だと言ってました。

satuei-1.jpg

satuei-3.jpg

モデルさんかタレントさんかわかりませんが、うちわで扇いでやったり、スタイリストさんというのでしょうか、髪を梳かしたり化粧を直したり、日傘を差しだしたり、周りの人は大変そうです。

satuei-2.jpg

モデルさんが一人だから、またコマーシャルの撮影かもしれませんね。

以前、場所は違うのですが、泉ピン子さんのテレビドラマの撮影現場に、出会ったことがありました。
さすがに人気女優さんで、周りは人がいっぱい。

と、その時、ピン子さん、トイレに行きたいみたいで、公衆トイレまで黒のワゴン車で移動です。
その公衆トイレの前には、また人だかりが・・・。

人気女優さんは、トイレにもゆっくり入れないのかと、気の毒に思った記憶があります。
そういうワタシも、公衆トイレの前に行ったから、わかったのですが(#^.^#)




ないものねだり

アジサイの花が咲く頃、神奈川の家の小さな庭のアジサイは咲いたかなぁ・・・と、いつも思い出す。
あの植木はどうなったかしら、あの木は剪定しているかしら・・・。
バカだねぇ、もう他人様の家になってしまったのに・・・。

こちらは緑が多い、この写真もいろいろある散歩コースの中のひとつ。
azisainomichi.jpg

それに駅に近くて、生活の不便さはない。それなのに・・・。

神奈川にいた頃は、川沿いから、海岸をよく歩いた。

海は四季の変化に乏しくて、海水浴客は別にして、夏も冬もあまり変わりばえのしない写真ばかり・・・。
そんな不満も感じていた。

ところが、場所も変わると、ないものねだりして、やっぱり海岸も歩きたいよねぇ、なんて勝手なこと言っている。
人間、贅沢なものだと思う。
住めば都・・・というから、まだまだこれからだと思う。

sugata.jpg

ayame.jpg

遠慮のし過ぎ

電車の中での出来事・・・・・

ちょっと混んでいる電車内、立っている人もいます。
ちょうど私の座っている斜め前の席が一人分だけ空いていました。

そこに乗り込んできたおばちゃん2人。
一人分だけ空いている席の前に来ると、お互いに「どうぞ、どうぞ 座って・・・」と、言い合っています。

「わたし、疲れていないから・・・」と、一人のおばちゃん。
「あら、私のほうが少し若いんだから、どうぞ座って・・」と、もう一人のおばちゃん。

どうなるのかなぁ、と何となく見ている私。
お互いにいつまでも譲り合っています。

結局、空いている席の前を、2人のおばちゃんが前に立ちはだかって、譲り合いの話から、世間話になり、
そのまま話し続けていました。

座らないなら、せめて、他の人が座れるように端によければいいのになぁ、お互い遠慮のし過ぎじゃないですかぁ。
座りたい人もいたんじゃないかなぁ、見ているおばちゃんは思いました。(#^^#)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以前、描いた水墨画です。

つばめ

梅雨の晴れ間の散歩道

梅雨の晴れ間に散歩してきました。
緑道の周りは、緑がいっぱい、花もずいぶん成長しているようです。


アザミ
アザミ
クリの雄花
クリの雄花だと思うのですが。

IMG_0273.jpg
アジサイはいろいろな種類があるので、詳しくは知りませんが、種類の違ったものを撮りました。

IMG_0271.jpg

IMG_0269.jpg

ホタルブクロ
小さかったホタルブクロがずい分大きくなっていました。
梅雨はじめじめして嫌ですが、植物にとっては、恵みの雨ですね。

フキ

田舎の親戚から、フキが送られてきました。
裏山で採れたそうです。
りんご畑に、桃畑、春はフキノトウ、ノビロ、ぜんまい、フキなど、秋はキノコと、山の幸が豊富なところです。

フキは少しほろ苦くて、美味しいのですが、手間がかかります。
写真で見るとそれほどの量に見えませんが、我が家でいちばん大きな鍋で湯がきました。
アクを取るためです。
これで一晩、つけておいて、翌日一本、一本、筋を取ります。
これが大変・・・。



筋を取ったら、適当な大きさに切って、煮つけにしたり、キャラブキにしたりします。
これは、砂糖とみりんとお醤油で煮つけました。
fuki-22.jpg

手間がかかりますが、ほろ苦くて美味しかったです。
たくさんあるので、娘の所へもやりました。
むこ殿がビールのつまみにしてくれるといいと思います。(*^▽^*)

写経

今日は朝から雨。
こんな日はなんとなく落ち着いて、筆を持ちたくなります。

今年初めての写経をしました。
下手な字ですが、願いを込めて書いているつもりです。
一気に集中して書けば、一時間ほどで書き上げられますが、根気がなく続きませんでした。

初めて写経をやった時は、お寺へ出かけて、100人近く座れるホールのような所で書きました。
緊張して手が震え、書いた人から提出するので、人の書く速さが気になって仕方ありませんでした。

でも、ウチでやる分には、緊張はあまりありません。
下を向いてずっ~と書いているせいか、頭が痛くなったり、肩が凝ったりで、一気に書くのは難しいです。
・・・ちょっと情けない話・・・

お寺に出かけた時、隣にいた80代くらいの女性が、100巻目なの、と嬉しそうに言っていました。
詳しくは知りませんが、般若心経全文を一枚書いたのを一巻目というようです。

つまり100枚目を書き上げたということです。
びっくりして、一週間に一枚くらいお書きになるのですか、と聞いたら、一日一枚書いているとおっしゃっていました。
すごいです。(@_@。
日課にしているのですから。

書き上げたものは、まとめてお寺に納めます。
すると、お焚きあげしていただけます。

今、7巻目ですから、いつになったら100巻目になるのか、いやムリでしょう。(;´Д`)
まずは、やれるだけということで。。。(*_*;

般若心経

2025年問題

今朝の新聞の「子ども・若者白書」で、日本は将来に明るい希望があるか・・・という欄が61.6%となっていました。
先進国7ヶ国で、日本は最下位でした。
ちなみに米国は91.1%、希望がいっぱいなんですねぇ。

2025年、我々団塊の世代が、75歳を迎える後期高齢者になる人口は増大して、働く若い世代が減って、その上医師不足にもなっていくというのですから、若者だけではなく、高齢者にとっても、将来明るい希望とは言いずらいですよねぇ。

国の方針は、大病院から地域のかかりつけ医へということですが、複数の病気を持っている場合は、それを総合的に診る家庭医が必要となってくると言ってます。

イギリスでは、この家庭医(総合診療医)の制度がかなりすすんでいて、大病院への集中が防げているようです。
在宅医療、介護、家族の心労を考えて、介護施設を充実させることに、結論は行き付きそうですが、健康寿命を長くすることが一番のようです。

幸せはお金だけではないと、よ~くわかってはいるのですが、先立つものはお金なんだなぁと、若者だけでなく、高齢者も将来の不安が増大します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以前、描いた水墨画です。

雨

 | HOME | 

文字サイズの変更

訪問ありがとうございます

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ハナコおばさん

Author:ハナコおばさん
ご訪問いただきましてありがとうございます。
ハナコおばさんの「ハナコ」は、以前飼っていた柴犬の名前からつけました。
団塊の世代です。

・・・O型、みずがめ座・・・

最新記事

最新コメント

カテゴリ

気まぐれ日記 (246)
水墨画 (5)
風景 (1)
花 (2)
PCお絵かき (1)
老犬との暮らし (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん