FC2ブログ

老いては子に従え?

        (散歩道から)
        


娘と2人で、私の実家(故郷)へ行ったのは、先日のことでした。
私は、娘を連れて行ってやる、そんな思いでいたのです。

いつも一人のときは、乗換駅の新宿駅と東京駅で、どうしても
ウロウロしてしまう私です。
何回行っても乗り換えがスムーズにいきません。

その日も新宿西口で電車を降りて、え~と、中央線快速は、え~と……
目の悪い私は、遠くがよく見えません。(網膜の病気で)

すると、娘が
「はい、はい、東京に住むオノボリさん、こっち、こっち」と、
私の手をつかんで、サッサと前を行くんです。

娘に手を引っ張られたのは、初めて。
何だか、恥ずかしいような、照れくさいような……

苦しいなりにも精一杯頑張っている娘、お喋りが好きで何でも明るく考えて
笑いに変えていきます。

時々誰に似たんだろうって思うんですよね。
私や夫じゃないことは確か。(^^;)

おかげで、帰りもスムーズに乗り換えができました。

連れて行ってやると思っていたのが、
連れて行ってもらいました。(^^ゞ

        IMG_0011_20181011162844a0d.jpg

        新宿駅構内にいたお馬さんです。
        ホントの生きている馬でした。(*^-^*)




スポンサーサイト
 [ 2018/10/11 16:58 ]  気まぐれ日記 | TB(-) | コメント(8)

故郷の母に会って来ました

        (散歩道から)        
        


娘と2人で、故郷信州にいる、母(95歳)に会いに行ってきました。

母は施設に入って1年と3ヶ月経ちました。

今回は日帰りで往復新幹線。

去年の暮れは、インフルに2度かかり、2度入院したけど、
肺炎にもならず、2度とも元気に退院しました。


施設に入るとまず記帳して、職員さん達に挨拶します。

遠くに広間が見え、ソファに座っていた母は、私たちが笑いながら手を
振ると、母も笑って手を振っていました。(私より視力がいいみたい)


近くに寄ると、娘が「おばあちゃん!」と、声を掛ける。

すると、「あんた、だれ??」と、娘を指さし、不思議そうな顔をします。

あらァ、さっき笑っていたのに…

やっぱり……何となく予感はしていたけど、と、娘と顔を見合わせる。

「孫のM子だよ!」と、娘。
「孫?? 誰の孫?」

「ワ・タ・シ、娘の私の子供がM子よ」と、私。

「ふ~ん」……。(わかってない(>_<)

私のことは、見たことのある人だなァ、という素振り。

そして、相変わらず次に言うのは、いつもの言葉「今の年寄りは幸せだよ」と、
壊れたレコードのように何回も何回も繰り返します。

「部屋に戻れば一人だし、気がラクでねぇ」と、付け加える。

それも広間に響き渡るような大きな声なので、
こちらの方が、恥かしくなるくらいです。

娘はクスクスと笑い出し、広間なので、他の人もいるので、
遠慮しながら、肩を揺らして笑いをこらえている。

志村けんのひとみばあさんと同じだよ、
アタシゃァ しゃわせだ~ねぇ~、っていうテレビだと言う。

私はその番組は知らないのでよく分からないけど、そういう番組が
あるらしいのです。

まったく、認知症の人を介護する苦労も知らないで、笑ってばかり、
しようがないわねぇ、このバカ娘は、親の顔が見たいですよねぇ。
(あれ?ワタクシ?)(^^;)


ちょうどおやつの時間だったので、お茶と柔らかそうなお菓子が出たけど、
母は、しっかりカップを持って飲み、お菓子をパクついている。

元気、元気。(*^▽^*)

会いに来たかいがありました。(*^-^*)

施設の帰り車の中で、娘は弟に
「おじちゃん、おばあちゃん、あと10年は大丈夫だよ」と、ケラケラ笑って言ってました。

「10年かぁ~う~ん……105歳になっちゃうなァ…う~ん、金がもつかなァ…」と、複雑な心境の弟。

惚けたもん勝ち、って言うけど、ホントに認知症になると、
本人は、お金の心配もなし、食べる心配もなし、家事もなし、な~んにも心配事は無い状態。

心はどうなんだろう……

不思議で仕方ありません。

もしかしたら母はしあわせなボケ方をしているのでしょうか。
わかりませんねぇ(*´ω`)

        yjimageAZTVHR1N.jpg


信州の紅葉はまだ少し早いようでした。



 [ 2018/10/07 16:17 ]  気まぐれ日記 | TB(-) | コメント(8)

うれしかった日

        (散歩道から)
        


いつも履いていたスニーカーの裏(かかと)が、かなりすり減ってきました。
私は足が悪いので(外反母趾と足底筋膜炎)整形外科で作った
足底板を靴に入れています。

2足の靴を交代に履いています。

もう、ずいぶん長い間、私に合った靴を探していたのですが、
なかなか見つかりません。

ネットでも探し回りましたが、今履いている靴(ヨネックスとニューバランス)と
同じ型のものは、もう廃盤になっていたのです。(がっかり…)

それに靴は、履いてみないと自分に合うかどうか分かりません。
特に私のような足は、探すのが大変なんです。

それで、ヨネックスのほうは、靴の修理屋さんに聞いてみたら、充分直るということで、
今日、行って来ました。

散歩用のニューバランスの靴は、修理代が7000円以上かかるというので、
それなら新しいのを買ったほうがいいと思い、修理はやめました。

たまたま、大型スーパーのテナントで入っている靴専門店に行きましたら、
ニューバランスのコーナーがあって、見ていたら、
お兄さんが声を掛けてくれて、一緒に探してくれました。

お兄さんの祖母が、やはり外反母趾で靴に苦労していたとか、
手術までしたとか、自分も靴と外反母趾の勉強をしているとか、
話しながら、私の要望に合うような靴を出してくれました。

とにかく、試し履きしてください、と言ってくれて、
わざわざ、いま履いている靴から、足底板を取り出して、商品の靴に入れて
足元に差し出してくれます。

なんて丁寧で優しいお兄さんなんだろう、嫌がらずに足底板まで入れ替えてくれる。
私の言うことをよく理解してくれる。

なんか、嬉しくなるんですよねぇ。^^

靴屋さんで足底板まで入れ替えて、試し履きをするのは、ちょっと勇気がいります。

その靴はピッタリ合いました。
そのへんを歩き回りましたが、痛くはありません。

後はしばらく履き続けないと、なんとも言えませんが…。
即、購入しました。(*^-^*)

このお兄さんに出会ったから、買えたのかしら~、うれしい日になりました。(*^^*)

靴が足に合うと、歩きも軽く感じます。

        yjimageBBZN3FK3.jpg


よくお年寄りが、若い人に親切にされると、コロッと参ってしまう、
というお話しを聞くことがありますよね。

私もコロッと参ったのかなァ~(^^;)


 [ 2018/10/03 17:02 ]  気まぐれ日記 | TB(-) | コメント(8)

定期健診

        (散歩道から)
        


天気予報では昼から雨と、言っていたので、洗濯物もしないで、
定期健診に行ってきました。

昼からは暑いくらいのいい天気、天気予報は昔も今も
はずれることが多いですよねぇ。

で、血液検査の結果は後日ということで、ちょっと気になるのが、
低血圧と徐脈。

もう10年以上この状態が続いているので、これは体質ということになっている。

脈はだいたい平均一分間に60回くらいが正常らしいけど、50回以下だったら徐脈。
私の場合、40くらい……。

ネットで調べると、徐脈はスポーツマン心臓と言われるとか。
スポーツマンに多いらしい。

でも、私の場合、スポーツは苦手(^^;)
それに子供の頃は、逆上がりと跳び箱が精いっぱい(^-^;

医師は病気じゃありません、って言うから、そのままにしている。

低血圧も上が90~100くらい、これで日常何ともないのでいいのでしょう。


このまま血圧も徐々に下がって、脈もだんだん少なくなって、そのうち心臓が止まり
自然に死んでいくのかなァ……なんて、思ったり(>_<)

年を取ると、いらぬ心配をしがちです。
とり越し苦労は止めておきます。(^^ゞ






 [ 2018/09/22 16:51 ]  気まぐれ日記 | TB(-) | コメント(6)

高齢者社会のひとコマ。。

        (散歩道から・ もう少し経ったらドングリになります)(#^^#)
        


その日は日曜日でした。

散歩の途中、いつものスーパーの中のパン屋さんの隣のイートインで
休みました。
狭い場所で、4人が座れるテーブルが5ッほど並んでいます。

いつも平日の午前中に行くので、あまり人はいなく、ゆっくり休めます。

その日は一番端っこのテーブルが空いていて、私はそこでアイスコーヒーです。

しばらくして、40代後半くらいのオニイサン?オジサンが、私の前に来て、
「相席、よろしいでしょうか?」と、言います。

「え?あ、どうぞ……」と言うと、そのオニイサン、手を上げて
「お~い!ここ大丈夫だよ!」と、大きな声で誰かを呼んでいます。

そちらの方を見ると、奥さんらしき人と、子供さん2人がこちらに向かって来ます。

え?4人ということ?
ということは、私にドケと言ってるの?

私はすぐに席を立ちました。
すると、小さな声で「すみません」と、そのオニイサンは言ったのです。

他のテーブルをよく見ると、全部、シニアのジイサンばかりです。
それも一つのテーブルに1人づつ座ってる。

そうか、今日は日曜日、ファミリーも来るのねぇ。
シニアのジイサンには席を空けてとは言いにくいだろうし、
一人で座っているバアサンのほうが、言いやすかったのかなァ…

ここは狭い所で、あまりファミリーは来ないけど、若い人から見れば、
何も一人づつ座らなくても…(と、思うかどうか)

シニアから見れば、疲れているので、ひと休みしたいだけ…(と、思っている)

これから、都市部では高齢者人口が急速に増加するという。
元気な高齢者が多いから、お店でもレストランでも、いつもいっぱいに
なるんじゃないでしょうか。

それも一人づつテーブルについて……ネ。^^

 [ 2018/09/11 17:10 ]  気まぐれ日記 | TB(-) | コメント(4)
訪問ありがとうございます
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ハナコおばさん

Author:ハナコおばさん
ご訪問いただきましてありがとうございます。
ハナコおばさんの「ハナコ」は、以前飼っていた柴犬の名前からつけました。
団塊の世代です。

・・・O型、みずがめ座・・・

検索フォーム