タイトル画像

今どきのペット事情

2017.06.17(17:04) 245

          (散歩道から)
         KIMG0127.jpg


PCのアドレス帳は相変わらず消えたままなので、
メル友さんから、メールが入るのを待って、
受信して登録、おおちゃくなことやってます。(^^;)

             tachibana-l.jpg

 散歩で楽しみなのは、時々出会う、柴犬ゆりちゃんです。

ゆりちゃんは、なぜか私が大好き、私もゆりちゃんが大好きです。
81歳の飼い主のオジサンは、犬は自分が好きな人を知っているんだよ、と、言います。

              yjimageT8BFJJZ0.jpg

私が、ちょっと休憩していると、ゆりちゃんは足元に来て、ちゃんとお座りをし、頭なでなでを待っています。(*^-^*)

頭や首をなでなでしながら、オジサンとの会話が弾みます。

         ゆりちゃんは6歳だって。
オジサンが75歳のとき、勢いで買ってしまった、と、言います。

私も柴犬を飼いたいけど、自分の年と、犬の生きる年数を考えると、
どうしても、飼えないんですよ、と話すと、
オジサンは「そうなんだよ、これ(ゆりちゃんのこと)が生きてる間は、どうしても自分も生きなきゃねぇ」
なんて、言ってます。

昔、私が飼っていた柴犬ハナコは17年生きました。

ゆりちゃんの場合だとあと11年、オジサンは、92歳になります。(大丈夫かなァ)

いまのペットは、定期的な健康診断とかでずい分長生きらしいです。

「オレなんかさぁ、200円の歯磨き使っているのに、これは1900円の歯磨きだよ」
と、オジサンは笑いながら言います。

それも、週2~3回の歯磨をするよう獣医さんからに言われてる、そうです。

しかも、全身麻酔で、歯石を取ることもすすめられているとか。
ビックリです。

昭和50年ころかしら、犬は「番犬」というイメージがあり、室内犬は「座敷犬」などと
呼ばれていた時代がありました。

ドックフードも犬用缶詰もありましたが、家族の食事の残り物も与えていた
ときもありました。

オジサンの話によると、今のワンちゃんたちは、血液検査、尿検査、糞便検査、
レントゲン、超音波と、人間並みにお金もかかると言ってました。

ペットの寿命は人間同様に伸び、高齢化も進んでいるんですねぇ。

家族の一員として、大切に育てられてるペットたち、獣医さんの数も
それなりに、増えなくてはならないのかしらね。
(どこかの学校のように)

          kasa-3.jpg

     散々頭や身体をなでなでして、目を細めているゆりちゃんに「またねぇ~」
     と、言って、オジサンとお別れしました。(@^^)/~~~


スポンサーサイト


スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]
タイトル画像

PCが不調

2017.06.08(11:35) 244

      (散歩道から)
      


このところPCが不調で、アタフタしています。
自然に不調になった訳ではなく、私がいろいろいじくりまわしていたのが
原因かもしれません。(^^;)

とくに調子の悪いのは、Outlook2013です。
受信はできるのですが、履歴が消えてしまい、アドレス帳の中身が
なくなってしまいました。

「ハードウェア診断ツール」を行うと、全てOK。
それで、「ヘルプ」から、メールで質問してみましたが、回答は
この内容はマイクロソフトに聞いてくれ、とのこと。

電話だと、一時間¥3000ほどするみたい(^^;)
また、メールで質問しようか、このままほっておこうか、迷います。
(メールだと無料です)
          
         gatag-00013682.jpg

アドレス帳は、そんなにたくさんのアドレスが書き込まれている訳ではないので、
相手からメールが来たら、その都度作成すればいいか…なんて、思っています。

以前は、少しでもPCが不調だと、必ず原因を突き止めて、とことん自分で
直していましたが、最近は、あ~~面倒、というのが、先に立ってしまいます。

年とともに集中力もなくなっているのでしょうか。
ちょっと情けないですが、やっぱり面倒です。(^-^;

お金を出して、修理に出すほどのことでもないしィ……。
だまし、だまし、使っていようかな?

PCはだまされないのかなァ……(^^;)

             PC




スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]
タイトル画像

昔懐かしい映画「愛と死をみつめて」を観て

2017.05.31(16:16) 243

               (散歩道から)
            


BS12でやっていましたので、録画しておいて、午後のひととき何十年ぶりかで、
またこの映画を観てみました。

私くらいの年齢でしたら、どなたも一度は観ている映画だと思うのです。

ドラマにもなったそうですが、私が観たのは吉永小百合さん主演でした。


時代は昭和39年くらいだから、私は高校一年生、
映画を観てはいけない学校の規則でしたが、
この映画だけは、唯一、許可がでました。
ただし母親と行くこと、友達とはダメという条件付きで。

ということは53年ぶりに観ました。(^^;)


当時は泣けて、泣けてハンカチがないと観られない物語でした。


これは実話で、純愛物語。

大学生のまこと(マコ )と、軟骨肉腫におかされ、21年の生涯を閉じたみち子(ミコ)との、3年間に及ぶ文通を書籍化したものでした。

マコはその後、ミコの死を無駄にしたくない気持ちから、
交わした手紙を出版社に持込み書籍化されたということで、
それが大ベストセラーとなりました。

その後、マコは読者の1人と結婚することになるのですが、
そのことで他の読者から大批判、誹謗中傷のバッシングを受けたということです。


この映画の中のセリフに、
「あそこの病室には、50代のおばあさんたちがいてね……」というのがありました。

16歳の私にはゼッタイ気が付かないセリフでしたが、
今はすぐに「ナニ?50代でおばあさん?」と気が付くのです。(^^ゞ
そんな時代だったんですね。


それに、今、この映画を観るのに、またハンカチがいるかなと思っていましたが、
ハンカチどころか、「愛」をみつめるんではなく、
「死」ばかりみようとしているんですねぇ。


そりゃあそうですね、16歳で死の儚さを感じ、純愛を夢みて心ときめかせて観る映画と、
この年になり、残りの人生と死が現実のものとなりそうになっているんですから、
純愛心なんて、どこ吹く風です。(^^;)
(あ~あ、汚れてしまった…)


ところがですよ
「マコは生きた! ミコとの別れから50年」
というタイトルで、マコは、本を出版されていたんですね!(本名で)

マコは古希をむかえたそうです。

マコは、生気と愛敬にあふれたおじさんで、
比類ない女性(ミコ)に愛されたその事実は、
ぼくの人生に無限のエネルギーを与え続けてくれた、と、おっしゃっているそうです。


           IMG_0169.jpg



みなさん、無限のエネルギーくれる愛を探しましょう。

え?もう遅い?

そりゃあそうですよね……どうもすみません……。(*^^*)




スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]
タイトル画像

飽食の時代に栄養失調?

2017.05.25(11:48) 242

               (散歩道から)
              


昨日のNHKテレビ「がってん」で、飽食の時代に栄養失調?をやっていました。

国民健康栄養調査の結果から、70歳以上の3~4人に1人が低栄養(栄養失調)の
恐れがあることが分かったというのです。

ずばり、それは「たんぱく質」の摂取不足。

↓の表の「10食品群チェックシート」。
一日にこれだけの食品の中から、7っ以上摂る食生活がいいとか。(*^-^*)

        IMG_0020_2017052511175948a.jpg

自分の食生活はどうか、考えてみると、だいたい摂っているなァ~という感じ。(*^^*)
もしかしたら、ちょっと足りないのは、果物かも…。


私の母は昔から食事には無頓着な人でした。
粗食がいい…なんといっても粗食が一番、そう言っていたのです。

乳製品等を摂っているのは見たことありません。

だから認知症に、ということはないと思いますが、肉はほとんど食べず、
魚もたま~に食べるくらい。
あとは野菜と漬物……。

若い頃から病気もしたことはなく、定期検査もほとんど受けませんでした。
手先が器用で編み物をし、身体を動かすことが大好きな母でした。

もし、ここにタンパク質を摂っていたら、もっと元気な94歳になっていたかもしれない。
もう、遅い……たら、れば、を考えてみても、仕方ない事。(^^;)


でも、食事の管理ができるのは、食べてくれる人がいるから、かもしれない。
ひとりになったら、面倒になって、やらなくなるかも……。

とにかく、今できることをやろうと思う。(*^^*)
人間、そんなに100%完璧にはできないもの……。






スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
タイトル画像

再び、実家へ行ってきました

2017.05.16(17:00) 241

(散歩道から)



67歳で亡くなった、義妹の49日と納骨で、また実家へ行ってきました。
2月にガンが見つかって、3月に亡くなりました……早すぎます。

母はショートステイに入っています。
行ったその日、母に会いに行きました。

広場?のような大きなテレビのある所のソファで、ひとり座っていました。
声を掛けると「あれ?どうしたの?」と、不思議そうな顔をします。

明日は納骨で…と、話しても理解できないようです。
お墓に行くの、というと「ああ、お墓ね、いいね」と、言っていますが、
しばらくすると、「どうしたの」を繰り返します。

お土産のお菓子(母の好きだったひよこ)を持って行ったのですが、箱に入っていると、
何だか理解できないようで、2日後にまた、ホームに会いに行ったのですが、
箱は開けられず、そのまま忘れられていました。


全員で納骨を済ませ、会場に戻ってお斎が始まります。
席が決まっていて、私の近くには親戚が座っています。

坊さんにもご挨拶を、と思い、ビールビンをもって坊さんの席まで行き、
今日のお礼を言い、さ、さ、飲んでください、と、まずビールを注ぎます。
日本酒の好きな坊さんなので、また徳利を取りに行きます。


そして、あとは親戚の人たちと、お喋りしながらの飲食です。
家は、みんな車で10分~15分ほどの所です。
この人たちは全員大酒飲みです。
でも、1人だけノンアルコールを飲んでいました。(きっと運転手でしょう)


その日の夕食のとき、跡取り(弟)と2人だけ……。
弟はホッとしたのか、焼酎のお湯割りがすすみます。

そして、雲行きがあやしくなってきました。
なんで、全員にお酌をして回らなかったのか、と怒り出しました。

弟は、お坊さんだけではなく、全員にお酌をして回らなかった、
私の気が利かなさを怒っているのです。

喪主は自分の席を温めるな、といわれるくらいお酌に回らないと
いけないというのです。

まあ、私も気が利かなかったんでしょう。
でも、それなら最初にちょっと言ってくれればいいのに…と、思いながら、
お酒を飲まない私は、じっと聞いていました。(心の中はおもしろくありません)

浄土真宗(大谷派)、田舎の付き合い……
20歳くらいで、故郷を離れた私は、知らないことばかりです。


帰りの新幹線の中、1人おやきのやけ食いデス。

                IMG_0013_20170516155859162.jpg   IMG_0014_20170516155900680.jpg

3月から故郷(実家)を3回往復しました。

冠婚葬祭は、年金生活者にとって、多額の出費です。
子供のいない弟は、私を呼ぶしかありません。

今度は94歳の母の番かな?
そう思いながら、いや、私の番かもしれない、人生マサカのサカがあるものね。

その時は、弟や親戚は東京まで来てくれるのかなァ・・・・
私は、自分の時は直葬で構わない、と、思っている。

             yjimageXS3QHHA4.jpg



スローライフの日々から


気まぐれ日記 トラックバック(-) | コメント(12) | [EDIT]
最近の記事
  1. 今どきのペット事情(06/17)
  2. PCが不調(06/08)
  3. 昔懐かしい映画「愛と死をみつめて」を観て(05/31)
  4. 飽食の時代に栄養失調?(05/25)
  5. 再び、実家へ行ってきました(05/16)
次のページ
次のページ